ダイエット中は「体重計」に乗らない方がいい・・・? ダイエット中は「体重計」に乗らない方がいい・・・?

ダイエット中は「体重計」に乗らない方がいい・・・?

2018.01.08 痩身/基礎知識
「よかった。昨日より0.5kg落ちてる!」「どうしよう!そんなに食べていないはずなのに1kgも増えてる!!」毎日体重計に乗って一喜一憂していませんか?体重の変化を記録するためだけなら良いのですが、体重を減らすことができているかを確かめるためだけに頻繁に測ることは、実はおすすめできません。少し体重が減った・増えたということは、ダイエットの成功に直結しないのです……!

体重は減った、けれど・・・!

体重ばかりを気にしてダイエットを続けてしまうと、ついつい飲食を制限してしまい、筋肉量や骨密度を減らしてしまいます。すると代謝が低下し、どんどん太りやすい体質に。「食べないようにしているのに、全然体重が減っていない!」という悲劇を招いてしまいます。

また、体重が少しくらい減ったことは、ボディラインには反映されない場合がほとんど。体脂肪が減ったり、筋肉を鍛えてボディラインを引き締めたりしないと、"食べていないのに美しくなれない"という苦しい日々を続けてしまいます。

体重計で一喜一憂

何もしなくとも体重が増えることもある

女性には、月経周期があります。これに合わせてホルモンバランスも変化し、そのはたらきで1〜3kgの増減があります。

特に生理前はためこみ期。赤ちゃんができてもいいように水分や栄養素をため込もうとするため、むくみや便秘、体重の増加が起こります。ここで「太っちゃった!」と食事を制限してしまうとさらに代謝を下げて太りやすくしてしまうことに。

1日の中でも1〜3kg体重は増減するものなので、目の前に表示される数値だけにとらわれないようにしましょう

体重よりも、鏡をチェック!

同じ量でも、脂肪と筋肉とでは筋肉の方が重いです。そのため、ボディラインを引き締めてスリムになっても体重は変わらなかったり、むしろ増えたりすることもあります。スリムにすべきはボディライン。体重の数値ばかりに一喜一憂するのではなく、見た目をシャープにできているかを確認したいですね。

Photo by 
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月後半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる