美人はやっている!冬のシミ・ソバカスのインナーケア 美人はやっている!冬のシミ・ソバカスのインナーケア

美人は食べている!冬の「シミ・ソバカス」のインナーケア

2017.12.18 シミ・ソバカス/食事・栄養学
夏に受けた強い紫外線…お肌に溜まっていた夏のダメージが出やすい秋冬。あきらめずに根気よくしっかりケアをすることが美肌への近道です。特にインナーケアは意識的に継続することが大切。そこで今回は、冬のインナーケアにおススメの旬フルーツ「キウイ」の美肌に嬉しい栄養ポイントとおすすめ食べ方を、インナービューティー料理研究家の筆者がご紹介します。

●グリーンキウイは冬が旬!

輪切りにすると何とも愛らしいルックスになるグリーンキウイ。鮮やかなグリーンの中に黒い種のツブツブがまあるく並ぶそのルックスは、インスタ映えするフルーツとしても欠かせない存在です。

そんなグリーンキウイ、年中スーパーで見かける気がしますが、国産キウイの旬は実は冬なんです。愛媛・和歌山・福岡・静岡などで主に生産されています。ニュージーランドなど海外からの輸入物も多いですが、せっかくの旬ならぜひ国産の新鮮でおいしいキウイを味わってみましょう。

キウイ

●実はミカン以上!美肌に嬉しいビタミンCが豊富!

ビタミンCと聞くとレモンやミカンなどの柑橘類をまず思い浮かべる方が多いかもしれませんが、グリーンキウイは柑橘類に負けず劣らず。可食部100gあたり約69mgと豊富なビタミンCが含まれているんです。

これはレモンよりは少ないですが、ミカンやグレープフルーツと比べるとなんと約2倍の含有量。旬のグリーンキウイは美容のために毎日食べたい果物なんです。

●シミ・ソバカスケアの強い味方

グリーンキウイに豊富なビタミンCは、肌細胞でコラーゲンの生成をサポートする他、メラニンの生成を抑えてシミやソバカスを防ぐ働きが期待されています。夏に受けた紫外線ダメージが出てきやすいこの時期、あきらめずにしっかり食べ物からビタミンCを補給して、細胞の奥から美肌を目指したいですね。インナーケアは継続が大切です。

シミ・ソバカスケアに

●風邪予防にも欠かせないビタミンC

ビタミンCは身体の免疫力を上げる働きや、細胞老化のもととなる活性酸素の働きを抑える抗酸化力の高さから、美肌作りにはもちろん、風邪などウイルス性感染症の予防にも効果が期待されています。

気温が一気に下がりはじめる本格的な冬は、室内と屋外の気温差や風邪の流行などで、免疫力が下がるとすぐに風邪をひきやすい季節。ビタミンCは残念ながら体内に蓄積されない栄養素のため、毎日食事から積極的に取り入れることが大切です。

中~大サイズのグリーンキウイなら1日1個で、成人女性の1日に必要なビタミンCがほぼ補給できます。この時期は毎朝のフルーツに是非、旬のグリーンキウイを取り入れましょう。

●おすすめの食べ方

【まずはそのまま】
半分に切ってそのままスプーンですくって食べるのが一番手軽で美味しい。忙しい朝にはこれがピッタリかも?

【ヨーグルトに合わせて】
腸内環境を整える乳酸菌が豊富な発酵食品「ヨーグルト」。ヨーグルトにキウイを加えて一緒に食べるだけでも栄養価がぐっと高まります。便秘がちな方、腸の調子が乱れている方はそのまま食べるよりもこちらがおススメ。グラノーラを一緒に混ぜても◎

ヨーグルトに合わせて

【サラダに】
サニーレタスやベビーリーフに、いちょう切りにしたグリーンキウイをたっぷり加えて、EXVオリーブオイルと塩少々をまぶしてサッと和えれば美肌に嬉しいグリーンサラダの完成。オリーブオイルには抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンEが豊富。キウイのビタミンCとあわさると相乗効果で抗酸化力が高まります。アンチエイジングにはこちらがおススメ。

【カルパッチョやピンチョスに】
薄切りにしたホタテやキュウリと合わせて、EXVオリーブオイルと塩をまぶせばカルパッチョに。食材を重ねてピックで刺せばお洒落なピンチョスに変身。美肌にも嬉しくておもてなしにも使えるレシピは筆者のお気に入りです。

美肌作りや風邪予防に嬉しい栄養豊富な旬のグリーンキウイ。是非いろんな楽しみ方で味わってみて下さいね!

Photo by 
  • fotolia

シミ・ソバカスのキーワード

この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる