【ヨガ】下半身に効く!チェアーポーズで内ももの引き締め&くびれメイクまで? 【ヨガ】下半身に効く!チェアーポーズで内ももの引き締め&くびれメイクまで?

下半身おデブを回避!内ももの引き締め&くびれメイク♡ヨガポーズ

2017.10.18 痩身/ストレッチ・エクササイズ
こんにちは、コラムニストの愛子です。今回は、下半身を強化するヨガのポーズをご紹介します。中でも、鍛えにくい内ももに働きかけられるのが嬉しいポイント。では早速やってみましょう♪

ウットゥカータ・アーサナ(椅子に腰かけるポーズ、チェアーポーズ)

(1)姿勢を正して立ちます。

(2)息を吐きながら両膝を曲げ、腰を低くたもち、お尻の穴を床の方向へ向けます。同時に両腕を斜め上へ持ち上げ背中を同方向に伸ばしましょう。5呼吸キープ。

(3)息を吸いながら両膝を伸ばし、息を吐きながら両腕を下ろして(1)の状態に戻ります。

【ポーズ名の由来】
「ウットゥカータ」には「力強い」、「激しい」、「釣り合いのとれない」という意味があります。ポーズが椅子に座るような形になるので、椅子に腰かけるポーズ、チェアーポーズとも呼ばれています。

変形ポーズ

もし余裕があればさらに・・・

(1)上記の(2)の状態で胸の前で合掌します。

(2)息を吸って背筋を伸ばし、息を吐きながら体をねじって右肘を左膝にかけましょう。3呼吸程キープ。

変形ポーズ

(3)息を吸って体を正面に戻します。

(4)息を吐きながら反対側に体をねじり、左肘を右膝にかけましょう。3呼吸程キープ。

(5)息を吸って体を正面に戻します。

(6)息を吐いて、次の吸う息で両膝を伸ばし、合掌したまま両腕を持ち上げます。

(7)息を吐きながら両腕を下ろしましょう。

ポイント

・曲げた両膝がつま先を超えないように気を付けましょう。膝がつま先を超えてしまうと、膝を痛める恐れがあります。

両膝を押し合うようにすると、内ももの引き締めに効果的です。

・腰が反りやすくなるので注意。なるべく腰が反らないように、お尻の穴を真下に向ける意識を持ちましょう。

・太ももだけで踏ん張ってしまうと、筋肉が発達しすぎて太くなってしまう可能性があります。お腹とお尻にも力を入れて、踵に体重を乗せるように意識してみてください!

期待できる効果

・下半身の強化
・内ももを引き締める
・骨盤を締める
・足首の強化
・肩凝り解消


変形ポーズには、くびれメイク効果も期待できます!

おわりに

ただ力で踏ん張るのではなく、体重を乗せる場所と、力をいれる場所を探ってみてください。

重心の置き方や力を入れる場所がわかってくると、ポーズを心地良く感じられ、効果もより高まると思います。

Photo by 
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月後半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる