生理痛にタイプがある!?あなたの痛みはどのタイプ??タイプを知って生理痛を和らげる方法 生理痛にタイプがある!?あなたの痛みはどのタイプ??タイプを知って生理痛を和らげる方法

生理痛にはタイプがある!?タイプ別・生理痛を和らげる方法

2017.10.18 エイジングケア/食事・栄養学
女性なら毎月訪れる生理。でも、生理って「お腹痛いし、動いているのが辛い」「お腹が張ってつらい」など痛みに悩まされるので辛いイメージ。実は、痛みにはタイプがあって、痛みによって食べる食材や生活の過ごし方が変わってきます。

今回はよく考えられる2つのタイプの生理痛と、対処法についてご紹介します。さらにコンビニでや外食の時の食事の選び方も伝授!あなたの痛みはどのタイプ?

生理前にイライラしやすい、お腹や胸が張って痛い!そんなあなたはこのタイプ

【タイプ1】ストレスが原因な「気滞タイプ」さん
●特徴●
□生理前にイライラ、感情的になりやすい
□お腹や胸が張って痛い
□経血の色が暗く、小さい血の塊が出る
□長くなったり、短くなったり周期が乱れる


・・・などはこのタイプであることが考えられます。

気が上手く巡っていることが、心と身体がごきげんに過ごせます。でも、ストレスが多かったりストレスを受けやすい身体ですと、イライラしたり感情が乱れます。そうすると気の巡りがうまく動かなくなり、生理の時痛みとなって現れます。

筆者自身もこのタイプですが、次の生理が来る月までにすごくストレスがかかったり、しんどいことが多いときは生理痛が辛く、比較的穏やかに過ごせていた時は痛みがそこまでないな。という感じがあります。

このように、痛い月があったり、痛くない月があったり・・・と少しきまぐれな感じなのは「気滞さん」の特徴でもありますね。

お腹や胸が張って痛い

▼食材選びのポイント
気の巡りが悪くなっているので、気の巡りをよくしてくれるような香りのよいものを選びましょう^^

【おススメ食材】
そば・紫蘇・セロリ・みかん、オレンジ、レモンなどの柑橘類、春菊・ニラ・ジャスミン茶・ラベンター茶など。

【外食やコンビニで選ぶなら】
おろしそば(温かいもの)・紫蘇入りおにぎり・紫蘇と大根の和風パスタ・柑橘類が入ったカットフルーツ・ジャスミン茶・ハーブティー

ハーブティ

【気の巡りをよくするために生活で取り入れたい事】
イライラしたり、もやもやしたりしている時は気の巡りが滞っています。滞ったままにしておくとどんどん巡りが悪くなってしまいます。

気をごきげんに巡らせるためには「運動」がおすすめ!身体を動かすことによって気が少しずつスムーズに巡り始めます。

運動が苦手な場合はお掃除がおすすめ!身体を動かしながらお部屋もすっきりするので気持ちもすっきりします。

もし、動く気力がないという時は気そのものが足りていない場合も考えられますので、アロマを炊いてゆっくりお休みしましょう。

運動して身体を動かす

生理の時はお腹を温めると痛みが緩和したり、普段から寒がるあなたはこのタイプ

【タイプ2】冷えが原因な「冷えタイプ」さん
●特徴●(※)
□経血の色が暗く塊がある
□普段から寒がり
□顔が青白い
□生理の時は温めると痛みが緩和する
□生理になると下痢をする


・・・などはこのタイプであることが考えられます。

「冷えは万病のもと」とはよく聞く言葉だと思います。このタイプは、寒さの邪気が原因で子宮を冷やし、痛みが発生します。また、身体が冷えると血の巡りは悪くなります。血はきちんと量があって正しく巡ることが理想です。

ですが、身体が冷えていることでうまく血が巡らなくなり、そのうまく巡らなかった血はどこかで詰まり、それが痛みへと変わります。(この汚れた血が詰まってしまうことをお血と言い、細かく分けるとお血タイプもあります)

寒がり

▼食材選びのポイント
身体が冷えているので身体を温める食材を選びましょう。

【おススメ食材】
ねぎ・たまねぎ・ニラ・鶏肉・羊肉・大葉・しょうが・にんにく・鮭・あじ・えび・桃・甘酒・ほうじ茶・シナモン・味噌

【外食・コンビニで選ぶなら】
鮭おにぎり・親子丼・味噌汁・カルビクッパ・ほうじちゃ・紅茶・甘酒

お味噌汁

【冷えを改善するために心かげたい事】
普段、冷たい物を飲んでいませんか?冬場は寒いので温かいものを口にすることが多いとは思いますが、冷えを改善したい人は冬でなくても常温か、あたたかい飲み物を口にするように心がけてください。

また、腹巻や靴下やひざ掛けなどをして身体を温める工夫をしてみてください。オフィスで靴下を履くのが難しい場合は、大き目のひざ掛けか、小さい場合はひざ掛けを二つ用意して、腰とお腹を覆うように温めるととても温かいですよ。家では靴下を履くのを心がけてみてください。

終わりに・・・

生理痛と言ってもタイプがあり、痛みの特徴や根本の原因となるものが異なるんです。今回は主に考えられる2つのタイプについて書きましたが、いろんな原因が混在しているパターンも多々あります。

ですが、どのタイプでも生理痛をやわらげるのに大切なことは・・・気と血が充分あり、気と血がごきげんにめぐっていること。です

生理痛をやわらげる

生理は痛みを伴わないことが普通ですが、仕事のストレスや食生活、生活のリズムによって気や血の巡りが悪くなってしまったり、充分な量が作れない為、多くの人が生理痛に苦しんでしまうんです。

でも、原因がわかれば、その原因となっているものを少しずつ減らしたり、変えていき、お食事も自分にあったものを取り入れて少しでも辛い生理痛と仲良く付き合っていけそうですよね。

筆者もPMSや生理痛がひどいので、日々自分の心と身体を労わることを今まで以上に大切にしています。いつも自分の体を一番大切考え、大切に守ってあげたいですね!

※漢方・中医学がわかる本(宝島社),中山貴弘 (著), 栗原毅 (著)

Photo by 
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月後半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる