35歳から始めて!自分らしく綺麗になるポイント7つ 35歳から始めて!自分らしく綺麗になるポイント7つ

35歳から始めて!自分らしく綺麗になるポイント7つ

2017.10.18 女磨き/ライフスタイル
最近、年齢を重ねたことを言い訳にして、綺麗をサボっていませんか?特に35歳を過ぎたあたりから、いつまでも若々しくて綺麗な人と、そうでない人との境界線がハッキリとしてきます。

ドキッとした人は、ぜひ今日から意識を変えて、自分らしく綺麗でいることを心がけてみましょう。今回は、そのためのポイントをご紹介したいと思います。

1. 自分らしさを持つ

綺麗でいたいと思った時、その方法がわからず雑誌や周囲の綺麗なあの人のメイクやファッションを真似するということがあると思います。

しかし、自分に似合うかどうかを判断せずにただ真似するのはNG!あなたの個性が消えてしまいます。そのため雑誌などで流行をおさえつつも、自分流にアレンジを加えることが大切です。

例えば、メイクやファッションで流行りの色を取り入れつつも、それと全く正反対な意外性のある色を組み合わせるといったようにです。そして、流行りに流されてばかりいるのではなく、そこに自分が好きなアイテムを投入しましょう。

自分らしく

2. ツヤや抜け感を大切にする

メイクでは肌を美しく見せるツヤと抜け感を重視しましょう。抜け感というのはどこのパーツも主張ばかりするのではなく、引き算をしたり、ベースメイクでは気になる肌悩みをコンシーラーやファンデで覆い隠してしまうのではなく、素肌感を出すといったようにです。

そうすることでフレッシュな印象の顔に仕上がり、肩の力が抜けた自分らしい綺麗につながるはず!

3. フェミニンさを常に意識する

年齢を重ねると、女性らしさを出すことが気恥ずかしくなる人もいるかもしれません。しかし、いくつになっても女性らしさを大切にすることが綺麗のポイントです。

そのためメイクではピンクパール感が綺麗なものを取り入れたり、ファッションではフリルやレースを使ったものをうまく選んでフェミニンさを意識しましょう。

女性らしくフェミニンに

4. 年齢を意識しつつも攻めの姿勢を忘れない

年齢を意識すると無難なメイクやファッションに陥りがち。しかし、それでは老けて見えてしまうことがあります。

時には鮮やかな色をメイクやファッションにポイント的に取り入れるなどして、攻めの姿勢を忘れないようにしましょう。

5.シワを恐れず、よく笑う

年齢を重ねていくと、徐々にシワに悩まされるもの。しかし、よく笑う女性はキラキラと輝いて綺麗に見えます。しかめっ面が原因の眉間のシワなどはNGですが、笑いジワは恐れることなく、よく笑うようにしましょう。

笑顔で

7. ささやかな日常の変化や発見を楽しむ

ささやかな日常の変化や発見に楽しみを見出すことも、あなたを輝かせて綺麗に見せる一つの要素です。探究心や冒険心を大切に、毎日をハッピーに過ごしましょう。

まとめ

いくつになってもその年齢に応じた綺麗、あなたらしい綺麗というものは追求できます。大切なのは、そのために努力し続けること。ぜひ今日から意識を変えて、あなたらしい綺麗を追求してはいかがでしょうか。

Photo by 
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月後半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる