シミがうっすら見えたら早急サイン!今日から始める美白ケア方法 シミがうっすら見えたら早急サイン!今日から始める美白ケア方法

シミがうっすら見えたら早急にケア!今日から始める美白ケア法

2017.09.24 シミ・ソバカス/ケア法
お肌の悩みで厄介なのが「シミ」そのシミはある日突然現れるわけではありません。シミがあるのとないのとでは、お顔の印象も全然違いますし、お肌の色がくすんでいるのとパッと明るいのとでも全然違います。そのシミがうっすらと肌表面に見えたら、お肌の内部にはたくさんシミ予備軍が潜んでいる証拠。今からでも遅くない美白ケア方法をご紹介します。

■シミができる原因とは?

シミができる原因の大半は「紫外線」。紫外線を浴びることで、お肌の内部では細胞を守ろうとメラニン色素を生成します。

本来、そのメラニン色素は、お肌が生まれ変わるサイクル(ターンオーバー)とともに垢となってシミになる前に排泄されるものです。ですが、お肌のコンディションや生活習慣や睡眠不足、ストレスやスキンケア不足などの様々な原因によってターンオーバーが乱れてしまうことで、メラニン色素がお肌の内部に停滞し蓄積されてしまいます。

さらに紫外線を浴び、メラニン色素が増え、蓄積を繰り返すことで、結果としてメラニン色素の集合体である「シミ」が作り出されてしまいます。

シミ

■美白ケアを始める徹底的な基本は、紫外線から守ること

日々紫外線を受けており、すでにメラニンがお肌の内部で停滞している場合もありますよね。

まずは、洗濯やちょっとの外出などでも日焼け止めを塗ったり、紫外線対策を意識しておこないましょう。晴れの日以外でも、曇りの日や雨の日も紫外線は年中降り注いでいるので、油断は禁物です

■美白ケア方法は?

シミに対しての美白ケアとして覚えていて欲しいことは、「色の濃い黒い点となり、肌表面に現れてしまったシミをなくす」ということは、スキンケアではとても難しいことが多いです。

まだぼやっとしていて薄い状態の小さなシミであれば、お肌のターンオーバーや美白成分などが作用し、効果に期待できる場合がありますが、形がハッキリと濃い状態のシミであれば、肌の内部のケアができるエステサロンやクリニックに行く方が早い場合もあります。

ですので、シミは薄く、表面に現れる前から予防として美白ケアをおこなっておくことが重要となります。

美白ケアの商品にも様々な有効成分がありますが、これらは厚生労働省に認められた「メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ」という意味があります。

美白ケア成分が配合されているスキンケアや美容液などを選ぶ際はアルブチン、トラネキサム酸、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、ハイドロキノンといった成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。

これ以上シミを増やさないためにも、日中は紫外線を浴びないように紫外線対策をし、クレンジングや洗顔の際は摩擦を起こさずに、化粧水や美容液を美白力の高いものを選びケアすることがポイントです。

まだシミが薄く小さい場合は間に合う場合もありますし、できてしまっている場合はエステサロンやクリニックに相談してみてもいいですね。

Photo by 
  • fotolia

シミ・ソバカスのキーワード

この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月後半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる