スケジュール管理だけじゃもったいない!手帳活用術4つ スケジュール管理だけじゃもったいない!手帳活用術4つ

スケジュール管理だけじゃもったいない!手帳活用術4つ

2017.09.17 女磨き/美容成分・アイテム
日々の予定を書き込むスケジュール帳は、昨今ではデジタル派という人も多いかもしれません。しかし、手帳タイプのスケジュール帳にはデジタルにはない良さがたくさんあり、その一つに様々な使い方ができることが挙げられます。そこで、今回はスケジュール管理以外の手帳の活用術をご紹介したいと思います。

1. なりたい自分を思い描いて未来手帳をつける

未来の自分を想像した時、こんなふうになっていたいと思える理想像が誰にでもあるはず。それを思い描いて未来手帳をつけてみましょう。

手帳の空きページでも、未来手帳を購入してそれに書き込むのでもOK。「世界旅行する。」「結婚する。」「出世する。」など自分が手に入れたい未来の自分の姿をできるだけリアルに書き込みましょう。

未来の自分の姿を想像して

2. 1年後、3年後、10年後と中長期的な目標を設定する

なりたい自分を思い浮かべたら、それに近づくために1年後、3年後、10年後など中長期的な未来にどんな自分になっていたいか、何をするべきかよく考えてみましょう。

そして、それを手帳に年表のように書き出してみましょう。できるだけ具体的に設定するとより目標や夢に近づきやすくなります。また、現実を捉えつつ設定すると無謀にはならないので、その分最短で目標や夢に近づけるはず!

3. 今日の自分のよかったところを書き込む

1日の最後に自分で自分を褒めてあげることはとても大切なことです。自己肯定につながるだけでなく、明日への活力となるからです。

そのため手帳の日付欄にその日の自分のよかったところを書き込んでみましょう。「アクティブに動くことができた。」「○キロ痩せた。」「お年寄りに席を譲った。」などどんな小さなことでもOKです。思いつく限り書き込みましょう。

手帳にいろいろ書き込む

4. 思いついたアイデアや好きな言葉を書き込んでみる

いいアイデアを閃いた時、忘れてしまわないようにそれを手帳に書き留めておくことが大切です。また、好きな言葉や心に響く素敵な言葉も合わせて書き留めておきましょう。

そして、時間のある時にそれらを眺めて見てください。そうすることで新しいアイデアや生きるヒントが見つかることがあります。空きページがなくなるくらい、手帳にアイデアや素敵な言葉などを溢れさせましょう。

まとめ

毎日のようになりたい自分を思い描き、それを書き出しているとそれを達成したいという強い思いに突き動かされるはず!いつもと同じ毎日に不満がある人や叶えたい夢や目標がある人はぜひ手帳を活用してみてはいかがでしょうか。

Photo by 
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月後半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる