婚活中に「どうでもいい男」と食事に行くメリットはある? 婚活中に「どうでもいい男」と食事に行くメリットはある?

婚活中に「どうでもいい男」と食事に行くメリットはある?

2017.08.18 女磨き/恋愛
婚活中はいろんな出会いがありますよね。素敵な彼にアタックして断られたり、逆に好きでもない人にアプローチをされたり……。色んな恋模様を経験するのが婚活です。今回は、タイプじゃない人に誘われた時にフォーカスを当てます。恋愛にも発展しなさそうだけど、向こうはこちらに気があるらしい。そんな男性からの食事は行くべきか迷うところです。そんなときのベストな考え方をご紹介します。

「タイプじゃない!」と切捨てないで

「気のない男との食事は時間の無駄だから」と切り捨てている人もいるでしょう。しかし、それは少々もったいない気もします。「生理的にむり!」と思わなければ、いいパートナーシップが築ける可能性が大いにあるからです。

実際、最初は乗り気ではなかったけど、会ううちに好意が芽生えて結婚に至ったカップルはたくさんいます。また、婚活はタイムリミットがあると考える人も多く、「この人を逃したらもういないのでは」と恐怖する人もいるでしょう。

筆者としては、タイプではなくても食事に行くべきだと思います。食事中は退屈とは思わずに、次のことに集中するようにしましょう。

食事をするイメージ

食事中、がんばって「いいところ」を見つけてみる

食事中は、彼の良いところを見つけてみましょう。「そんなとこない!」とバッサリ切り捨てずに、じっくり観察を。食べる姿が落ち着いている、店員に親切、時計がオシャレなど。

彼を見ているうちに、ついつい「ここがイヤ」となりそうになっても、踏ん張って。「気が利かないけど、彼女にはやさしそう」「かっこよくないけど、浮気しなさそう」など、頭の中をポジティブに切り替えるようにしましょう。

「もっとこうすれば好きになれるのに…」を冷静に分析する

彼のことがイマイチだなと思っても、彼がどんな風に変化してくれたら自分は好きになるかを考えてみましょう。たとえば「彼がもっとエスコートが上手になったら、好きになる」などです。

人間の性格は変わるもの。今日がダメでも、明日魅力的な紳士になる可能性もあります。また実際、付き合った後に自分好みの男に育てる女性はゴマンといます。彼のキャラクターをお直しする感覚で、冷静に分析してみましょう。

食事をするイメージ

自分に似ているところを探してみる

彼と自分との共通点はありませんか?似ているところを探してみましょう。たとえば彼も自分と同じで恋愛に不器用とか、自分と同じで家族を大切にするとかです。

共通点があると知れば、心の距離も縮んでいき、彼に興味を持てるかもしれません。ネガティブな共通点ではなく、ポジティブンな共通点を探していきましょう。

最後に

以上のことを意識して実践しましょう。行っても無駄だと思っていた食事が、案外「いいな」と思うきっかけになるかもしれません。キュンとは来なくても、アラサーの婚活は居心地の良さを重視していきましょう。

なんとなく次会ってもいいかな?と思ったら、どんどんコマを進めましょう。これからベストパートナーとして花が開くきっかけになるかも。アラサーの婚活は、一筋縄ではいきません。チャンスを逃さないようにしましょうね!

Photo by 
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる