疲れが出やすい季節に試したい!「緑茶風呂」って? 疲れが出やすい季節に試したい!「緑茶風呂」って?

使用済み茶葉でOK!美肌効果もある「緑茶風呂」でリラックス

2017.05.30 エイジングケア/ケア法
気候も一気に暖かくなり、外は暑いのに会社の中はエアコンが効いていて寒い。この温度差に私たちの体がついていけず、なんとなく怠いなんて状態に陥りがち。そんなときに是非試して欲しいのが「緑茶風呂」。家にある緑茶を使うだけで、リラックス効果や女性に嬉しい効果がたくさんあるのでオススメです。

「緑茶風呂」の効能

「緑茶風呂」には疲労を快復させる効果だけでなく、肌荒れの予防や、角質を柔らかくするなど、嬉しい効果がたくさんあります。また、冷え性改善効果も期待できるので、冷房が強くなってくる時期の冷え予防にいいですね。

さらに緑茶には殺菌作用もあるため、ニキビや肌荒れの予防も期待できます。なかでも特筆したいのが、リラックス効果。緑茶の香りには、リラックス効果があるため、眠りが深くなったり、たまった疲労が快復したりと嬉しい効果がたくさんあるのです。

「緑茶風呂」の作り方

まずは使い終わった出がらしのお茶の葉を用意します。それを、湯船に入れた時にお茶の葉が巻き散ることがないよう、ティーパックなどの袋に入れます。あとは湯船に入れるだけでOKです。

緑茶のティーパックのイメージ

緑茶を普段飲まないという方は、新しい葉でも大丈夫。その場合は、大さじ2杯を目安に緑茶の葉をとり、出がらしの葉と同じようにティーパックなどの袋に入れます。粉末の緑茶を使う場合は、小さじ1杯程度を目安にします。

「緑茶風呂」の効果的な入り方と注意点

緑茶風呂の効果を最大限に引き出すには、湯船の温度は、ぬるめがオススメ。目安は体温プラス4℃。ただ、あくまで目安ですので、あなた自身が気持ちがいいなと思う温度でいいでしょう。浸かり方はゆったりと浸かること。じんわりと体が温まるまで浸かるのがオススメです。

注意したいのは、熱いお湯につけてしまうこと。
交換神経が優位になってしまい、体が興奮して、かえって疲れてしまうことも。

疲れがたまりやすいこれからの季節。熱いからといって、シャワーだけで済ませず、きちんと湯船に浸かりましょう。そこに使い終わった緑茶を入れれば、疲労快復効果だけでなく、女性にとって嬉しい効果がたくさんあるのですから、試してみてはいかがでしょう?

Photo by 
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる