【ヨガ】老化の原因は〇〇〇〇?重力にも負けない若返りのポーズ 【ヨガ】老化の原因は〇〇〇〇?重力にも負けない若返りのポーズ

【ヨガ】重力に負けない“若返りのポーズ”!老化の原因は〇〇〇〇かも?

2017.04.18 痩身/ストレッチ・エクササイズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、コラムニストの愛子です!アンチエイジングに励んでいても、重力に逆らうのは難しい……と感じることはありませんか?目に見える部分だけではなく、内臓の下垂が老化や不調の原因になっていることもあります。そこで今回は、そんな原因をとりのぞく若返りのポーズをご紹介します!

サーランバ・サルワーンガ・アーサナⅠ(肩立ちのポーズ)

・サーランバ=支えられて
・サルワ=すべて
・アンガ=身体


若返りのポーズとして有名なこのアーサナは、アーサナの母とも言われています。

(1)仰向けに寝ます。両腕は体の横に添わせ、両手の平は床につけておきましょう。
(2)息を吐きながら両ひざを曲げて、顎のほうへ引き寄せます。
(3)息を吸いながらお尻を持ち上げ、両手をお尻か腰に沿えます。
(4)息を吐きながら膝を伸ばし、両腕で体を持ち上げます。状態が床と垂直になるように保ちましょう。頭、肩、上腕部だけが床についている状態です。つま先は天井の方向へ向け、顎を胸に近づけましょう。5呼吸ほどキープします。
(5)体をゆっくり床に下ろして、リラックスします。

肩立ちのポーズ

注意点と効果

【注意点】
※ポーズ中に首を動かすと、首を痛めてしまう可能性があるので、首を動かさないようにしてください。

※ポーズを解くときは、勢いをつけず背中を丸めた状態でゆっくり体を床に戻していきましょう。ひざを緩めると行いやすいです。

【期待できる効果】
内臓下垂が治ることで、ありとあらゆる効果が期待できます。

・内臓の位置が正しいところへ戻る(胃下垂などにも効果的)
・むくみ解消
・イライラ解消
・首にある甲状腺、副甲状腺の調子を整える
・体が逆さになるので、静脈の血が無理なく心臓に戻り、キレイな血が首や胸を巡る
・息切れや動悸を改善
・頭痛をとりのぞく
・便秘解消(腸の働きが良くなるため)
・生理不順の改善(子宮が正しい位置に戻るため)

おわりに

普通に生活していると、重力の影響でどうしても体は下へ引っ張られます。皮膚や内臓が下がってしまうのも無理はありません。内臓が下垂すると機能が衰え、老化や様々な不調につながることも……。だから内臓を正しい位置へ戻すことは、美や健康を保つのにとても効果的です。

美意識の高い女性たちの中には、逆立ちを習慣にされている方もいらっしゃるそうです。逆立ちはちょっとハードルが高いな~という方も、このポーズなら無理なく続けられるのではないでしょうか。ぜひ試してみてください!

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

LINE@で美LAB.を

友だち追加数
Photo by 
  • fotolia

執筆者

ダイエット歴は10年以上。芸能のお仕事を始めてからはますますストイックに。ストレスをコントロールしきれず、長い間「過食症…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月後半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる