ミルク、バーム、それともオイル?あなたにぴったりのクレンジング剤の選び方 ミルク、バーム、それともオイル?あなたにぴったりのクレンジング剤の選び方

ミルク、バーム、それともオイル?あなたにぴったりのクレンジング剤の選び方

2017.01.23 エイジングケア/美容成分・アイテム
あなたはどんなタイプのクレンジング剤を使っていますか?オイル?それとも、ミルク?それともバーム?またはクリームタイプでしょうか?「汚れがよく落ちる。」「値段が手ごろ。」などクレンジング剤を選ぶ基準は人それぞれですが、大切なのはあなたの肌やニーズに合っている商品を選ぶこと。選び方を間違えると、あなたのエイジングサインを進行させてしまう恐れがあります。そこで、今回は基本に立ち返って、自分の肌やニーズに合うクレンジング剤の選び方についてご紹介したいと思います。

1.毛穴の汚れが気になるなら

毛穴の汚れが気になる人にオススメなのが、バームタイプのクレンジング剤。バームはオイルを固形状にしたものですが、ダブル洗顔が不要であるものがほとんどで、肌に必要な潤いを残したまま、メイクや汚れを落とす製品が多いのが特徴です。

手に取ると体温でとろけて肌の上で液状のオイルに変化。滑らかに伸びていきます。指の腹を使って優しくなじませると、素早くメイクを落として毛穴の汚れもスッキリします。

拭き取りタイプと洗い流すタイプがありますが、乾燥が気になる場合は拭き取りタイプがオススメ。ただし、拭き取るクロスは肌当たりの優しいものを選んでくださいね。

バームタイプのクレンジングのイメージ

2.肌のごわつきが気になる時に

肌の冷えや乾燥が気になる冬は、肌のごわつきに悩むことがありますよね。そんな時にオススメなのが、ミルクタイプのクレンジング剤。みずみずしくまろやかなテクスチャーのものが多いので、香りがいいものを選べばクレンジンングタイムが癒しの時間になりそう!オフ後の肌はしっとりとしているのも嬉しいですね。

また、使い続けることで肌をしなやかな状態へと導いてくれる効果が期待できますよ。こちらも洗い流すタイプと拭き取りタイプがありますが、乾燥が気になる場合や水の質が気になる場合は拭き取りタイプを使うのがオススメです。

3.肌の乾燥がひどい時に

肌の乾燥がひどい時にオススメなのが、クリームタイプのクレンジング剤。濃厚なテクスチャーで保湿力が高いため、乾燥肌の味方です。

こちらも洗い流すタイプと拭き取りタイプがありますが、肌の油分が元々多い傾向にある人は洗い流しタイプを選ぶのがオススメ。それ以外の人はお好みで選ぶのもヨシ。迷ったら2の項を参考にしてくださいね。

クリームタイプのイメージ

4.密着度の高いメイクが好きなら

ベースメイクからアイメイクまで徹底して崩れにくい、密着度の高いメイクを心がけているという人にオススメなのがオイルタイプのクレンジング剤。素早くメイクとなじんでスッキリとメイクと汚れを洗い流します。

ただし、ダブル洗顔が必要なものが多い上、洗浄力が高い傾向にあるので、肌の乾燥をまねく恐れがあります。そのため乾燥が気になる季節は常用を避け、他のタイプのクレンジング剤と併用するのがオススメです。

5.肌が敏感な時やシワが気になる人に

ジェルタイプのクレンジング剤は、他のクレンジング剤と比較して肌への摩擦が少ない傾向にあるため、肌が敏感な時やシワが気になる人にオススメです。

ジェルタイプといってもオイルを使っているものとそうでないものなどいくつか種類があるので、商品の特徴をよくつかんでから購入しましょう。ちなみにメイクをしっかりと落としたいなら、オイルが配合されているものがオススメです。

また、オイルフリーのジェルは比較的サッパリとした洗い上がりになるため、脂性肌の人にオススメです。

ジェタイプのイメージ

まとめ

できればタイプの異なるクレンジング剤をいくつか所持して、メイクの程度や肌の状態に応じて使い分けるのがオススメです。

与えるケアばかりに夢中にならず、落とすケアも丁寧に行って若々しい素肌を育んではいかがでしょうか。

Photo by 
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる