実年齢より若々しく、老化のスピードを遅らせるコツ―内面編 実年齢より若々しく、老化のスピードを遅らせるコツ―内面編

実年齢より若々しく、老化のスピードを遅らせるコツ!【内面編】第1弾

2016.12.07 エイジングケア/ライフスタイル
このエントリーをはてなブックマークに追加
内面上の意識で、老化のスピードを遅らせることにつながるコツの第1弾です。

疲れたら休む(転職もあり)

【ノートを取る】
私が20代の時から続けているストレス解消法に、ノート取りがあります。日記のように毎日ではなく、感情整理ノートとでもいいましょうか。表上は何も変わらないけれど、「何か違う?」と感じることを、思いがいっぱいになった時に、全部書き出していくのです。

「何かピンとこない、その気持ちはどこからくるのか、本当はどうしたいのか、どう思っているのか、なぜそう思うのか・・・」そうすると、心の奥底にあるピンとくる本当の思いみたいなものや、今しないといけないことの答えに辿りつけます。

疲れのイメージ

なぜそうしてきたかと言うと、私の場合書き出さないと整理がつかないからです(^-^;それでも答えが出ないこともあります。そんな時は、また思いがいっぱいになった時にノートを開くようにし、それまでひとまず終了、とりあえずの答えでまた日々過ごします。

そしてそのノートは、本来の進むべき道の教科書・指針になっていることだってあるのです。疲れをあまりにも感じる時は、思い切って方向転換(転職もあり)も視野に入れます。

適度なストレスは別として、蓄積するほどのストレスは、活性酸素を増やす要因の1つです。「活性酸素が蓄積するほど老化が早い」ということは、もうおなじみですよね。色々なストレス解消法がありますが、このノート取りは根本的な解決につながるので、おススメです(^^)

ノートを書くイメージ

常に目標がある

【人を相手にせず、天を相手にせよ、天を相手にして己を尽くし、人を咎めず、我が誠の足らざるを尋ねべし】
この言葉は西郷隆盛さんの名言の1つで、私のお気に入りの1つです。同じ言葉を聞いても、それぞれに解釈の仕方があると思うのですが、私の場合、「天を相手にして己を尽くす」とは、自分に与えられた究極の課題へと向かわざるを得ないことに繋がっていくことだと感じています。

そして「我が誠の足らざるを尋ねべし」・・・人間である以上、100%完璧なんてないので、過信することなく謙虚な心で、生かされている以上は最後の最後まで学び続けることです。

学ぶイメージ

自分への課題に気付くと目標が次から次へと出てき、どうせならしんどい事も楽しみながらクリアしていく気持ちですると、細胞が活性化されてくるように思います。

根底にあるこの意識が、私にとっての”究極の美の秘訣”であり、老化のスピードを遅らせるコツです(^^)

My独断実行とその結果

心の底で本当に望んでいることやしたいことって、意外と気付かなかったりわからないものです。それをみつけるために自分と向き合うことって、欠点も含め受け入れ認めることになるので、正直しんどいものです。私もたくさん考え悩みました(^-^;

でもそれだけ本気で自分と向き合ってきたおかげで、年を重ねるほどに強く頑丈になっていき、50代を目前にした今では、“悩み”という私にとっては苦しかった概念が、ただ単に“課題”に変換しました。課題は楽しいものばかりではなく、達成するためにしんどいものもありますが、根本が楽しくて仕方ないのです。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

LINE@で美LAB.を

友だち追加数
Photo by 
  • fotolia

執筆者

1967年2月7日生まれ。エステテシャン。20代の頃から、外面の意識を3、内面の意識を7、3:7の割合で“美”を追求。実…

続きを読む

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月後半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる