子宮のお掃除しましょ〜〜自然療法から学ぶ食からの改善策〜 子宮のお掃除しましょ〜〜自然療法から学ぶ食からの改善策〜

子宮のお掃除しましょ〜自然療法から学ぶ食からの改善策〜

2016.09.22 エイジングケア/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。モデル・ビューティーフード研究家の室谷真由美です。子宮のお手当法「大根干葉腰湯」をご存じですか?今回は、自然療法からみた子宮のお掃除方法についてお話しいたします。

自然療法における子宮のお手当法「大根干葉の腰湯」

毎月生理が重い人や月経困難症、PMSなどに悩まされる方は、子宮が悲鳴をあげています。ましてや子宮筋腫、子宮内膜症、子宮内膜炎、子宮頸管炎、子宮頸管ポリープ、子宮膣部びらんなど、様々な病気がありますが、これらは、生理の諸症状がすでに警告を発してくれている場合がほとんどです。

例えば子宮内膜症の場合、月経のたびに出血を繰り返病気ですから、ひどい月経痛で、年齢とともに症状が強くなっていくのが特徴です。生理痛があって当たり前と思わず、痛みがあることは体からのサインですから見逃さないようにしましょう。検査することももちろん大切ですが、食生活を正さないことにはいつまで経っても治りません。

生理痛のイメージ

食事での改善は、即効性のあるものではありませんから、まずは自然療法で対処しながら食生活を見直していくことをオススメします。

子宮のお掃除は、どなたがやってもいいものです。常に良い状態を保っていられることで、不妊症を防ぎ、婦人科系の病気を防ぐことにも繋がります。

自然療法における子宮のお手当法でオススメなのが、何と言っても「大根干葉の腰湯」です!

有名な大根干葉の腰湯

大根の葉っぱ、みなさんどうされていますか?食べるにしても大量消費するのが難しかったりしますよね。無農薬栽培の大根の葉っぱを捨てるのはもったいないです。

大根の葉は干してカラカラに乾燥させお風呂に入れると、ものすごく子宮に効果的です。もちろん、「大根干葉」というものを購入できますから、既製品をまずは試されるのがいいでしょう。

大根の葉のイメージ

大根干葉はとても子宮を温めてくれます。そして毒素を出してくれますから、月に1回でもいいので定期的にされるとよいでしょう。

大根干葉腰湯の方法

干した大根葉の3株分くらいを布袋に入れ、よく煮出します。(市販のものはそのまま煮出す)それをこしが浸かる程度の浴槽に入れて、腰までつかり温めます。上半身は寒くならないようにタオルなどかけておくといいでしょう。

大根干葉がない場合は、びわの葉・すぎな・よもぎ・柿の葉などの薬草も同じ効果がありますので、手に入りやすいもので試されてみてください。

大根干葉腰湯のイメージ

大根干葉腰湯の効果

すごく体が温まりますから、翌日はとても身体が軽く疲れが取れていることがわかります。便通も利尿もよく、全身浴ではこの効果はでません。

腰には内臓の神経が集まっていて、足先には毛細血管が集まっていますから、この両方だけを温めることにより内臓全体の働きがよくなり、部分浴ですが全身がよく温まります

子宮のお掃除はもちろんですが、冷え性・便秘・下痢・肝臓・腎臓・婦人科系の弱い人・不感症・アトピー性皮膚炎などにもよいです。

試されたことがない方がほとんどの大根干葉腰湯だとは思いますが、女性としての身体全体を整えるためにも、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

「モデル・ビューティーフード研究家」として、体の中からキレイになれる食を追求し、セミナーや各種講演・プロデュース商品など…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる