アイコンタクト アイコンタクト

優しい視線は「目線の角度」でつくられる。アイコンタクトの注意点4つ!

2016.09.16 女磨き/ライフスタイル
このエントリーをはてなブックマークに追加
コミュニケーションに欠かせないのは「アイコンタクト」。お話をする方と目線を合わせながら、お互いを意識して会話をしたり、挨拶を交わすことです。今回はアイコンタクトの注意点をお話しいたします。

アイコンタクトして挨拶していますか?

私はよく朝のお散歩に出かけます。静寂な時間にお散歩している人が結構いらっしゃいます。お散歩している人とすれ違う時に声をかけるんです。「おはようございます(*^^)」と相手を見て。

そうすると、3人に2人はこちらを見て「おはようございます♪」と笑顔でご挨拶をしてくださいます。

挨拶のイメージ

何処の誰かも存じ上げませんが、その一瞬に温かい空気が流れ、ホッコリします。そして挨拶を先にした私が、心地よい気持ちになります♪これが挨拶の素晴らしさですね。このような光景が、街のあちらこちらで見ることが出来たらいいのにー。と思っています。

以前もアイコンタクトの記事を載せました。(「目を見て話すのが苦手な方必見!魅力を伝えるアイコンタクトのポイントを伝授♪」)是非そちらも参考にしてくださいね。今日は、「アイコンタクトの注意点」と「角度」についてです。職場、家族、友人などと共に過ごす時間の時、是非、意識してみてください。

アイコンタクトの注意点

<注意点>
・身体ごと相手を見る
・凝視しない。時々視線の位置を少し変えながら
・上目遣い、横目、流し目にはならない
・速い速度で目を合わせると逆効果(緊張感や威圧感を与えかねない)

<目線の角度>
この角度、鏡の前で試してみてください!

目線の角度のイメージ

例えば・・・自分は横柄なつもりではなくても、人には「横柄な人」という印象を与えてしまうのです。それはとても残念なことですよね!?

目線はいつもフラットな角度で、相手に優しく視線を送れたら最高です!

目線一つでも、あなた自身の表現方法です。あなたの行動そのものが、あなたの表現力。美しく、可愛らしく、チャーミングなアイメイクを更に魅力的にするためにも目線の方向に意識しましょう。

ご自身の表現する力に意識を向けて!それが、「美しく、えがおの大人として生きる」ための近道です(^_-)-☆

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

国内・外資系航空会社で約16年勤務した経験の中で、人と人が良好なコミュニケーションを築くために必要なことは、その人の持つ…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる