隙間時間に小顔になれる!「顔のむくみ・たるみ」を防ぐマッサージ 隙間時間に小顔になれる!「顔のむくみ・たるみ」を防ぐマッサージ

隙間時間に小顔になれる!「顔のむくみ・たるみ」を防ぐマッサージ

2016.09.21 痩身/マッサージ
このエントリーをはてなブックマークに追加
スマホやパソコンを長時間眺め、表情や顔の位置を動かさずにいると、筋肉が凝り固まったり老廃物がたまったりして、むくみやたるみの原因になります。そこで今回は、スマホやパソコンのあとや、合間の休憩に行いたい、顔の筋肉をほぐすマッサージをご紹介します。

STEP1:こめかみから耳上にかけて、くるくるマッサージ

画面に集中していると、歯を食いしばったりして顎周りの筋肉が緊張しがち。まずは筋肉をしなやかにして、めぐりをよくしましょう。

1. 指の腹をこめかみに当て、圧をかけながら小さく円を描くように10回くるくるとマッサージする
2. 少しずつ指の位置を耳上の方へずらし、10回ずつマッサージする

STEP2:頰を揉みほぐす

こめかみから耳上にかけてほぐしたら、次は頰をやわらかくしなやかにしましょう。

1. 手をグーにして、頰にあてる
2. くるくると小さく円を描くように、頰をほぐす(優しくおこないます)
3. 30秒〜1分程度、揉みほぐす

マッサージのイメージ

STEP3:停滞している老廃物を流す

揉みほぐしていくうちに、顔が温まっていくのを実感できると思います。これは、血行が良くなっているサイン。リンパ液のめぐりもスムーズになっています。このチャンスを逃さずに、老廃物をごっそり流しましょう。

1. 人差し指と中指で、顎の中心を挟む
2. 耳したに向けて、老廃物を移動させるように持ち上げる
3. 頰も同様に、中心から耳へ向かって揉みあげる

マッサージのイメージ

“固い”、“冷たい”はコリのサイン!見逃さずにマッサージを

頰の筋肉が固かったり、触ると冷たかったりする場合は、筋肉がこり固まってめぐりが悪くなっているサイン。むくみやたるみを引き起こしやすいため、マッサージでのメンテナンスを取り入れるようにしましょう。

筋肉がしなやかで体液循環がスムーズな状態をキープすることで、健康的な小顔を実現することが可能。ぜひ、隙間時間や休憩時間に取り入れてくださいね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため「セルフトレーニングコーチ」として自身を輝…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる