「晩夏」はカラダのバランスが一番取れる1年に一度の絶好の時期!! 「晩夏」はカラダのバランスが一番取れる1年に一度の絶好の時期!!

「晩夏」は一年に一度の休息期。バランスを整えやすいこの時期に食べるお野菜とは?

2016.09.06 女磨き/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。モデル・ビューティーフード研究家の室谷真由美です。今回は陰陽五行からみた「晩夏」についてお話しいたします。

「晩夏」は陰陽バランスが整っている

マクロビオティックでの陰陽五行説では、9月頃の「晩夏」は、安定のエネルギーが地球上に働く季節と言われています。ですから、その時期に採れるお野菜も、陰陽バランスが整った優れたお野菜。それは形から見てもよくわかります。

みなさんは「球形のお野菜」と聞いて、何を思い浮かべますか?玉ねぎ、キャベツ、かぼちゃ、ブロッコリー、カリフラワー、かぶ、などなど。丸い形をしているお野菜は、土からのエネルギーと、天から(太陽)のエネルギーを上からと下から受け、ちょうどいいバランス配合で育っていて、地の上に這うように育っています。

キャベツのイメージ

その他のお野菜は、土よりも上に育つ葉物野菜や、枝に実るお野菜や果物。もしくは、根菜類と言って土の中に育つお野菜ですね。

晩夏の時期は、まだまだ残暑が続き、ついつい冷たい食べ物や飲み物を摂取しがちです。ですが、カラダはもう秋の準備をしなければなりません。

そういったときに、球形のお野菜を食べるようにすると、体温調整も、精神的バランスとしての安定感も整い、非常に過ごしやすい晩夏を過ごすことができます。

じゃがいものイメージ

晩夏は休息の時期

晩夏は1日のリズムに例えると、午後昼下がりの時間帯と一緒です。15時くらいの時間、みなさんはホッとしたくありませんか?朝からお昼にかけて仕事や家事で動き回り、頭を使ったりして、休息したくなる時間帯なはずです。

カラダがそのように求めるのは、時間の流れ、いわゆる1日の太陽のリズムから見ても、地球上に安定のエネルギーが降りてくる時間。晩夏はまさにその時期です。

夏の賑やかで開放感あふれる時間を過ごし、晩夏になって落ち着きたくなり、すっと脱力したくなる季節。そんなリズムにあわせて、体も食べ物で整えて、ゆっくり今後のプランを練るのも良いでしょう。

午後昼下がりの時間帯

旬の甘いお野菜で脱お菓子

季節の変わり目で体調を崩しやすい時期だからこそ、旬のお野菜を先駆けて摂取するように心がけてみてくださいね。この時期のお野菜は、苦くも辛くもなく、甘いお野菜が多いのです。味わっていただくとほっこりしてきますし、いつの間にか甘いお菓子なども要らなくなってきます

どうしても甘いものがやめられない方は、積極的に食べるといいでしょう。無駄がなくなり、ダイエット効果にも抜群ですよ。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

「モデル・ビューティーフード研究家」として、体の中からキレイになれる食を追求し、セミナーや各種講演・プロデュース商品など…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる