歌って痩せる!カラオケダイエットを成功させる3つのコツ 歌って痩せる!カラオケダイエットを成功させる3つのコツ

歌って痩せる!カラオケダイエットを成功させる3つのコツ

2016.09.11 痩身/運動・トレーニング
このエントリーをはてなブックマークに追加
大きな声を出したり、歌に合わせて身体を動かしたりするには、エネルギーが必要。カラオケは、ダイエットを成功させるための“運動”として活用することができますよ。今回は、カラオケでダイエットを成功させるための3つのコツをご紹介します。

その1:腹筋を使って「体幹」を鍛える

猫背や、喉ばかりを酷使してお腹から声を出さないような歌い方では、多くのエネルギーを消費することはできません。

背伸びをするようなイメージでお腹を伸ばし、下腹を凹ませた状態をキープしながら、お腹から声を出して歌いましょう。しっかりとお腹に力を入れて歌うことで、運動強度を高めることができます。

カラオケのイメージ

その2:激しい曲より「ゆったりと長い曲」を

「ダイエットなんだから、疲れなきゃ」と激しい歌を選ばなくてもOK。激しい歌はすぐに疲れるため運動量をアップすることができたように感じてしまいますが、スピードについていけずに“喉だけで”(お腹の筋肉を使わずに)歌ってしまいかねません。

お腹から声を出してしっかりエネルギーを消費するためには、ゆったりと長く運動し続けることができる歌を選ぶことをおすすめします。

一つの言葉を長く伸ばすと、息切れしそうになるだけでなく、腹筋が痛くなることがありますよね。お腹の筋肉を刺激したまま、できるだけ長く声を出し続けることで、腹筋を鍛えてくびれをつくりやすくなりますよ。

カラオケのイメージ

その3:思いっきり楽しんで、「ストレス」を吹き飛ばす

ストレスはダイエットの大敵。体内のはたらきの司令塔は“脳”ですから、ストレスで脳のはたらきが減退すると、全身の活動が弱まってしまいます。歌を歌うことが大好きな場合は、思いっきり楽しんで、日頃のストレスを解消しましょう。イライラにまかせたどか食いや、ストレスによる代謝の低下を防ぎ、ダイエットをより効率良く進めることができます。

カラオケのイメージ

カラオケも、工夫次第でダイエット効果の高い運動にすることが可能。カラオケに熱中して「なんとなく暇で、口が寂しい」時間を減らすことで、無駄な間食を減らすことにもつながります。「運動は嫌いだけど、歌なら!」という場合は、ぜひ実践してくださいね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため「セルフトレーニングコーチ」として自身を輝…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる