汗をかいても崩れにくい肌になる!ベースメイクの裏技テクニック 汗をかいても崩れにくい肌になる!ベースメイクの裏技テクニック

汗をかいても崩れにくい肌になる!ベースメイクの裏技テクニック

2016.09.01 女磨き/メイク
このエントリーをはてなブックマークに追加
猛暑ともいえる暑い夏が続いています。通勤やちょっとした外出でも汗をかき、ハンカチなどで拭くことで、すぐにメイクが崩れてしまうという方も多いのではないでしょうか。でも、化粧直しの道具を持ち歩くのも面倒ですし、できることなら化粧崩れしたくないですよね。そこで、今回は、化粧崩れしにくいメイクテクニックをご紹介したいと思います。

まずはきちんと化粧下地を塗る

まず、メイクを始める前に、きちんと化粧下地を塗りましょう。「化粧下地を塗るとベタつくから嫌」、「返ってメイクが崩れそう」と思っている方も多いかもしれませんが、化粧下地には、ファンデーションを肌に密着させて化粧もちをよくすることが主な役割です。

ですから、化粧下地を塗ることが、メイク崩れ防止の第一歩です。また、化粧下地を塗ることで、メイクを落とす際、肌を傷つけず、メイクを落としやすくしてくれるという嬉しい効果もあるのです。

ベースメイクのイメージ

濃いめにファンデーションを塗って、パウダーは多めに

化粧下地をつけ終わったら、いつもより濃いかな?くらいにファンデーションを塗りましょう。オススメは、クリームタイプのファンデーション。カバー力があるので、メイク崩れもしにくいのです。ただ、ムラになりやすいので、スポンジでムラができないよう均一に伸ばした後、ポンポンと肌にのせていくように押さえましょう。

そして、ファンデーションを塗り終わったら、たっぷりのパウダーを顔にはたきます。量は、顔が真っ白になるくらいたっぷりつけましょう。

パウダーのイメージ

ベースメイクが終わったら、そのまま水に顔をつける

パウダーをたっぷりと顔にはたいた状態のまま、洗面器などに水を張り、そこに顔全体が浸るように水につけます。時間は30秒〜1分くらいを目安にしてください。

その後は、濡れた顔をティッシュオフします。もしくは、扇風機などを使って乾かしてもOKです。すると、たっぷり肌に浸した水分のおかげで、ベースメイクが肌にしっかり馴染むので、化粧崩れしにくくなるのです。仕上がりもきちんとティッシュオフすれば、厚塗りに見えず、透明感のある仕上がりに。

崩れないメイクを試してみて!

この時季は汗をかくことも多く、きちんと気遣っている方はそのたびに化粧直しているのでは?でも、それってとっても面倒ですよね。今回紹介したメイク法なら、化粧崩れが断然しにくくなるので、化粧直しが面倒な人や、化粧直しをあまりしないという人でも試してみるといいかもしれません。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

美容ライター・ファッションライター・エディター。大手出版社にて10年以上女性誌を担当し、フリーランスに。美容系雑誌は毎月…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる