生活習慣を変えると胸の下垂は防げる? 生活習慣を変えると胸の下垂は防げる?

おっぱいの垂れは生活習慣で防ぐ!3つの原因と予防方法

2016.08.29 バストケア/ライフスタイル
このエントリーをはてなブックマークに追加
育乳カウンセラー戸瀬恭子です。あなたのおっぱい、下垂していませんか?年齢・授乳・老化・肩こり・・・。胸の下垂の原因は思い当たることが多くありますが、大きく分けて3つに別れます。胸が垂れる3つの原因をみていきましょう。

1.大胸筋の衰え

女性は重い物を持つ方が少ないので、大胸筋を使わない方が多いと思います。使われない筋肉は衰えていきます。衰えることにより、支えを失ったおっぱいは垂れていってしまいます。特別なエクササイズをしなくても、日々の生活で大胸筋は鍛えることができますよ。

【日々の生活で大胸筋を鍛える例】
・車を運転する時はハンドルの上の方を持つ
・子供を抱き上げる時は、一旦手を伸ばして抱き上げてから抱っこする       
・物を持つ時に脇を開けて大胸筋に意識する
・半身浴で本や携帯をいじる時も、風呂蓋の上に乗せて大胸筋に力が入るように意識する

ハンドルの上の方を持つイメージ

2.お肌の衰え

年齢やストレスによってお肌は退化していきます。お肌の退化と共におっぱいの位置は下がっていきます。「バストアップ=美肌」なのです。それを保つために、以下の5カ条を習慣化しましょう!

(1)朝起きた時と夜寝る前、お風呂の前後に質のいいお水を最低限飲む
(2)お風呂にきちんと浸かり(基本は半身浴30分以上)新陳代謝を促すこと
(3)洗顔料の使い過ぎには気をつけること
(4)ビタミンの多い野菜や果物を毎日口にする事
(5)夜の10時~2時は、できる限り眠ること

質のいいお水を最低限飲むイメージ

3.地肌の衰え

おっぱいの下垂の原因として忘れがちなのは地肌の衰え。地肌・顔・デコルテは一枚の皮で繋がっています。地肌が衰えるとおでこにシワが寄り、目じりのシワ・ほうれい線になり、デコルテがゆるみおっぱいが下がります。

そのために、正しいシャンプーの仕方を身に付けましょう。髪の毛には油分があり、流すだけで付着した汚れは落ちます。シャンプーは地肌をしっかりと洗う為にあるのです。

湯船に浸かる前にシャンプーしてませんか?湯船に浸かる事によって、毛穴がきちんと開き体内の老廃物は汗と共に浮き上がります。湯船に浸かってからじゃないと、ほんとの汚れは落ちないのです。

湯船に浸かるイメージ

まずは湯船に浸かり、それからぬるめのお湯でシャンプーします。シャンプーは地肌を洗うもの。指先で洗っていませんか?地肌は、親指の腹で地肌をマッサージするようにシャンプーをしましょう。

最後に

以上のように、おっぱいの下垂は生活習慣を意識をすれば防ぐことができます。また、下垂したおっぱいも努力次第で、時間はかかりますが復活できます。地道に努力して綺麗なおっぱいを取り戻しましょう。

バストケアのキーワード

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

乳ガンの自己検診の啓発の為に編み出したオリジナルバストアップ法の効果が高く、その効果の高さゆえに瞬く間に口コミで広がり、…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる