【育乳】体温が低いとバストアップできない! 【育乳】体温が低いとバストアップできない!

体温が低いとバストアップできない!?育乳に弾みをつける体温アップ法5つ

2016.08.11 バストケア/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加
育乳カウンセラーの戸瀬恭子です。今回は、バストアップを妨げる低体温の改善方法についてお話しいたします。

バストアップには血流の良さが重要

バストアップの3原則の一つに血流があります。血流の良い身体は、体温が36度以上あります。あなたの平熱は36度以上ありますか・・・?体温が低い原因として挙げられるのは、筋肉量が少ない、食べる量(1日のエネルギー量)が少ない等があります。

バストのイメージ

また35度台の体温は、がん細胞が一番増殖するという怖いデータもあります。若い女性は今低体温の方が多く、それが若年層の子宮がん、乳がんに繋がっているという説には納得もします。

改善法5つ

1. 歩きましょう
筋肉が代謝をつかさどっています。筋肉の75%は下半身にあるため、太もも等の大きな筋肉を動かすことで代謝がアップしますよ。

2. お風呂でゆっくりあたたまる事を習慣に
血流をアップさせるにはお風呂が一番効果的。半身浴をぬるめのお湯で20分以上行うことを習慣にしましょう。

入浴のイメージ

3. 赤身のお肉や白米を食べましょう
血となり、肉となり、エネルギーになるのは赤身のお肉とお米。食べるだけで体温は上がります!

4. 黒い食材や根野菜を意識してとりましょう
身体を温める効果が根野菜、黒い食材全般にありますよ。バストアップだけでなく、アンチエイジング効果も期待できるので、毎日意識してとりましょう!

「女性ホルモンのバランスの乱れを改善・ホルモンアップ」・・・黒豆、とろろ昆布。
「活性酸素を除去し血流をスムーズにしてアンチエイジング」・・・黒豆、黒ごま、海藻類
「便秘解消で美肌 」・・・昆布、プルーン、黒こんにゃく、黒ごま、海藻類、きのこ類、ココア

プルーンのイメージ

5. 膝から下のマッサージや着圧ソックスを習慣化し、肩甲骨を動かしましょう
ふくらはぎは第二の心臓と言われるぐらい重要な場所。ふくらはぎの血流と肩甲骨の血流を上げることが、体温アップに繋がります。

以上のことを習慣化すると、体温はゆっくりですが上がっていきます。35度台の体温から脱出し、血流の良い身体が出来上がり、育乳に弾みがつきますよ。

バストケアのキーワード

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

乳ガンの自己検診の啓発の為に編み出したオリジナルバストアップ法の効果が高く、その効果の高さゆえに瞬く間に口コミで広がり、…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる