一人暮らしでも要注意!食中毒を引き起こす、キケンな冷蔵庫の使い方3つ 一人暮らしでも要注意!食中毒を引き起こす、キケンな冷蔵庫の使い方3つ

一人暮らしでも要注意!食中毒を引き起こす、キケンな冷蔵庫の使い方3つ

2016.08.16 女磨き/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加
夏は食中毒が心配な季節。どんなに暑い日でも、冷蔵庫に食品を保存すれば食中毒は起こさない、と思っていませんか?実は冷蔵庫でも安心できるわけではなかったのです。そこで、今日は危険な冷蔵庫の使い方3つをご紹介したいと思います。

買ってきたものをすぐに冷蔵庫にしまわない

コンビニやスーパーマーケットで買い物をして、そのまま着替えをし、テレビをつけて椅子に座って一休み。こんな経験はありませんか?

コンビニやスーパーマーケットは温度管理をしています。せっかく最適の状態にしてある製品を、あなたの家にもってかえってそのままにすると、野菜などは傷みやすくなり、卵、肉や魚などは雑菌が繁殖しやすくなるのです。その結果、食中毒を引き起こすことになってしまいます。

買い物から帰ってきたら、すぐに冷蔵庫にしまう習慣を身につけましょう。

冷蔵庫にしまうイメージ

冷蔵庫に食品をパンパンに詰める

あなたの冷蔵庫の中を思い出してください。とりあえず冷蔵庫にいれれば安心と思って、たくさん詰め込んでいませんか?

卵、ペットボトルや、野菜ジュース、ビール、パン、野菜やお惣菜などで冷蔵庫がパンパンになってしまっている。これでは、冷蔵庫は冷えません。多めに買う習慣のある方は特に要注意です。買ってきたものを詰め込みすぎることになってしまいます。

冷蔵庫が冷えず食品が傷み食中毒の原因になりますので、冷気が循環する空間を作るようにしましょう。

冷凍庫からだした食品は冷凍庫に戻さない

冷凍庫にある肉や魚を料理しようと、解凍することはだれでもすることです。作り始めたら、肉や魚が多かったことに気がつく、そして、もったいないからとそのまま冷凍庫に戻す。やってしまいがちですが、とても危険な行為だったのです。

食品を取り出すイメージ

冷凍や解凍を繰り返すことで、食中毒菌が増殖することがあります。使う分だけ解凍して使い切るようにしましょう。

冷蔵庫の中の賞味期限切れの食品のチェックも忘れずに。冷蔵庫を正しく使って、食中毒を予防してくださいね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

執筆者

「食べ痩せダイエット」の第一人者。「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマに若い女性から経営者まで広く自己管理が…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる