実は間違っていた夏の快眠法3つ 実は間違っていた夏の快眠法3つ

熱帯夜が寝苦しい・・・。実は間違っていた夏の快眠法3つ

2016.08.13 エイジングケア/ライフスタイル
このエントリーをはてなブックマークに追加
真夏がやってきました。寝苦しい熱帯夜が続きますね。あなたは、どんな真夏の快眠法を実践していますか?でもその快眠対策を誤ると、かえって熟睡ができなくなります。今回は間違った夏の快眠法3つをご紹介したいと思います。

夜のシャワーはダメ

熱い日の夜は、お風呂に入ると汗をかくし、面倒だからシャワーで汗を流しているだけ、という方をよく見かけます。シャワーを使ったほうが、簡単でさっぱりしますよね。

シャワーのイメージ

しかし、寝る前に体温を上げておくことで、熟睡を誘います。39~40度のお風呂にゆったりと入り、体温を上げたほうが寝やすくなります。また、お風呂には、クーラーで冷えた体を温めて、疲労を回復する効果もあります。

好きなアロマの香につつまれ、お気に入りの音楽を流しながらゆったりと入浴することで、リラックスした時間を過ごしましょう。

クーラーのタイマーは使ってはダメ

クーラーは体に悪いから、寝るときはできるだけで、一晩中は使いたくないと思っていませんか?クーラーのタイマーが切れるたびに目が覚め、またタイマーをかける、これをくりかえることで睡眠は妨害されています。窓を開けて眠るという方もいるかもしれませんが、防犯上お勧めできません。

クーラーを使うイメージ

部屋で快適だと思う温度よりも1度~2度高くして、風量は弱、または微風、風が自分に直接当たらないようにすることで、体の冷えを防ぎましょう。乾燥が気に方は大きめの容器にお湯を入れて、テーブルの上などに置くことで、乾燥予防になります。

部屋着のまま寝るのはダメ

面倒だからと部屋着のまま寝ている方が多く見受けられます。部屋着は家でリラックスするために適した素材やデザインをしています。しかし、ゆったりと寝るためのデザインではありません。

寝ている間は、大量の汗をかきます。だから、体を締め付けない、汗を吸収して乾きやすい素材がおすすめです。柔らかい、薄い素材のコットン、シルクなどです。部屋着ですと、寝ている間の寝がえりがしにくいので、それがさらに安眠を妨げます。

パジャマのイメージ

寝ることが楽しくなるような、ゆとりのあるパジャマが一番よいのです。汗をかくので毎日洗濯して、気持ち良く眠りにつきましょう。

いかがでしたか。毎日の熱帯夜もこの方法で気持ちよく過ごしてください。しっかりとした睡眠が翌日の元気につながります。ぜひお試しくださいね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

「食べ痩せダイエット」の第一人者。「食べてきれいに痩せてリバウンドしない」をテーマに若い女性から経営者まで広く自己管理が…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる