これからママになるあなたに!赤ちゃんの顔は、お母さんが食べてきたもので決まります これからママになるあなたに!赤ちゃんの顔は、お母さんが食べてきたもので決まります

これからママになるあなたに!赤ちゃんの顔は、お母さんが食べてきたもので決まります

2016.07.30 エイジングケア/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。モデル・ビューティーフード研究家の室谷真由美です。今回は、赤ちゃんの顔と食の関係についてお話していきますね。

お母さんの摂る食材によって赤ちゃんの顔とカラダが決まる

私たちは、どなたもみなさん、すべてお母さんのお腹から生まれてきていますが、十月十日お母さんのお腹の中で成長し、3,000g前後の体重で人間として生まれてきます。

へその緒でお母さんから栄養を吸収し、生きていけるためのカラダの機能を作り、内臓や脳や手や足、爪、髪の毛、目も耳もすべてお母さんが食べたもので作られていきます。ですから、このカラダを作っている「食材」がどんなものであるかによって、どんなカラダが作られるか決まってくるわけです。

お母さんのおっぱいを飲む赤ちゃんのイメージ

どんな偏った食事も、バランスのいい食事も、赤ちゃんは選ぶことができませんし、その差は大きくなって当たり前なのです。では、どんな食べ物を食べるとどのようになるのでしょう?

お肉好きなお母さんと、お野菜好きのお母さんでは・・・

例えば、お肉が大好きなお母さんと、お野菜中心の食事が好きなお母さん。同じ顔つきの赤ちゃんにはなりません。

お肉好きなお母さんの場合、陽性の引き締まったエネルギーが強くなるので、眉間や目と目の間が寄った感じになります。逆に、お野菜中心ですと、中庸のバランスの整った顔つきになりますから、眉毛も優しいカーブを描き、目もぱっちり、ちょうどいい位置になります。陽性が強いと、目も小さくなりがちです。

二人の女の子のイメージ

逆に、陰性食材が多いお食事のお母さんだと、甘いものがやめられなくて、スムージーやカフェインなども毎日摂取する食生活。そんなお母さんから生まれててくる赤ちゃんは、目と目の間も広く、まつ毛や目は大きくなりますが、全体のバランスは外側に向いてしまい、パーツは大きくなりすぎたりします。

また、お肉や乳製品が多いと、体毛が濃い赤ちゃんになりがちです。添加物や分解されにくい食材を摂取すると、生まれながらにしてアトピーになってしまうこともあります。

これからママになるあなたに

ですから、これからお母さんになる女性は、ぜひとも食のお勉強をしっかりされることをオススメします。

食事をするお母さんと娘のイメージ

基本は、玄米とお野菜中心のお食事をこころがけ、陰陽両極端な食事は控えめにするように意識されると、かなりバランスの整った黄金比率のお顔の赤ちゃんが誕生されますよ。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

「モデル・ビューティーフード研究家」として、体の中からキレイになれる食を追求し、セミナーや各種講演・プロデュース商品など…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる