ダイエット中の「水分」の取り方とは? ダイエット中の「水分」の取り方とは?

暑くても飲み過ぎ厳禁!ダイエット中の「水分」の取り方とは?

2016.07.24 痩身/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
「ダイエット中は水をたくさん飲んだほうがいい」「カフェインが痩せやすい体質を育てる」などなど、ダイエットと水分に関する情報がたくさんあり、「一体何をどのくらい飲めばいいの?」という人も多いのではないでしょうか。今回はダイエット中に飲むべき水分についてご紹介します。

冷たい飲み物より、温かい飲み物を

冷たい飲み物を飲みすぎると体内を冷やし、代謝を低下させてしまいます。飲み物はできるだけ温かいものを飲みましょう。暑い日でも常温を選ぶことをおすすめします。温かい飲み物を飲むことで血行を促進すると、代謝をアップさせることができますよ。

温かい飲み物

飲み過ぎは厳禁!

必要な水分量は体調や気候、体質によって異なります。「1日2リットル飲まなければ!」と無理に飲みすぎると逆に体調を崩したり、むくみやすくなったりしてしまいます。夏や暑い日は、喉が乾く前にこまめに飲むべきですが、基本的には喉が乾いたときや、トイレに行って排出した後に補給すればOK。飲み過ぎは禁物です。

カフェインを摂りすぎない

カフェインには代謝を上げる効果がありますが、摂りすぎると緊張状態を長く続けることになり、疲れやすくなったりイライラしやすくなったりしてしまいます。水分と同様、摂りすぎには注意が必要です。

コーヒーのイメージ

「低カロリー」に騙されない

カロリーが少ないからと言って甘い飲み物ばかり飲むのはNG。消化したり代謝したりするのに余計に水分を使ってしまいます。また、糖質やカロリーが「全く入っていない」というわけではありませんので、要注意……!

水分補給は常温かホットの「」が基本。ハーブティーやお茶はOKですが、低カロリードリンクやコーヒーなどを水代わりに飲むのは危険です。体内を温め代謝を上げる水分補給で、ダイエット効果をアップさせてくださいね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため「セルフトレーニングコーチ」として自身を輝…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる