虫刺されからのシミに要注意!跡に残る前のスキンケアがカギ。 虫刺されからのシミに要注意!跡に残る前のスキンケアがカギ。

虫刺されからのシミに要注意!跡に残る前のスキンケアがカギ。

2016.07.08 シミ・ソバカス/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加
美意識が高い美LAB.の読者さんたちは、これからの季節に向けてバッチリ紫外線対策をしている!という方も多いことでしょう。しかしそんな中、盲点が「虫刺され」によるシミなのです。

「炎症後色素沈着」に気をつけて

皆さんはシミを聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか?老化によるもの、紫外線からのシミなど様々な原因が考えられると思うんですよね。

しかし“虫刺されから跡になり、そのまま色素沈着してしまった”という、予想外なシミのでき方が存在します。これからの時期は寝ている間やアウトドアなど、小さな虫たちが飛び始めますよね。

蚊に刺された後は痒くなるので、つい肌をゴシゴシしてしまうなんてことも。その時はかゆみが治まっても、かゆみが引いた頃に茶色っぽくなっている…!

かゆいイメージ

すぐになくなるかな?と思っていたら、意外とずっと残ってしまうという結末が最も恐ろしいのです。なるべく外に出る際には、風通しの良いカーディガンを羽織ったり、アウトドアで肌を出しすぎないことも一つの工夫だと思います。

肌のターンオーバーを意識

気をつけていたけど、虫に刺されてしまった!そんな時には、慌ててゴシゴシかいたりすると跡に残りやすくなってしまうので気をつけてください。

私のオススメとしては、メントールやミントなどのひんやりするもので一時的にかゆみを抑えてあげるのがコツです。

つい爪などでグリグリ線をつけたり、無意識にかきむしるのはお肌にもよくありません。もしも外出先で手持ちのアイテムがない!という時には、お水で冷やしてあげるだけでもだいぶ変わってくると思います。

虫さされのイメージ

色素沈着になる最大の原因は、ターンオーバーがうまくできていないということ。スクラブやピーリング剤などを使用して、意識的に生まれ変わりを促進してあげましょう!

最後に

「虫刺され跡」は刺される前の事前ケアと、刺されてしまった跡のアフターケアの両方を大切にしたいですね。お肌のターンオーバーは年齢とともに周期が遅くなりがちです。そのため跡が残りやすくなっていくので、注意してみてください。

シミ・ソバカスのキーワード

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

幼い時から母親とともに、アトピーや手荒れ、ニキビ で悩んでいた経験から「なぜこんな風になってしまうんだろう?」そんな疑問…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる