脱・ダイエット依存!痩せたい願望に隠された真実とは 脱・ダイエット依存!痩せたい願望に隠された真実とは

脱・ダイエット依存!「痩せたい願望」に隠された真実とは

2016.07.07 痩身/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは、コラムニストの愛子です。現代の日本人女性のほとんどが、1度や2度はダイエットを経験されているのではないでしょうか?中にはダイエット依存に悩む女性もたくさんいらっしゃいます。あなたは大丈夫ですか?スリム=美しい、そう感じるのはなぜなのでしょう。今回は、スリムな体の奥に何を見出し私たちは痩せたいと思うのか、どうすればダイエット依存から抜け出せるのかについて迫ります。

現代の日本では「スリムな体型=豊かさの象徴」

現代の日本では「美しい=スリム」という概念が定着していますが、ふくよかな女性が好まれる国もあり、日本でもその方が好まれた時代がありました。美的感覚は、なぜ国や時代によって異なるのでしょうか。

もちろん理由は1つではありませんが、美の基準と食糧の豊かさは密接に関係しているという説があります。食糧がなければ、痩せているということは貧しさの表れとされ、ふくよかであることは豊かさの象徴となるのです。

反対に食べ物がいくらでも手に入る現代の日本では、スリムな体型は質の良い食事をとっているとういうこと、つまり豊かであることの象徴となっているのでしょう。

スリムな体型のイメージ

安く手に入り、すぐに空腹を満たしてくれる食品のほとんどが、高カロリー、高糖質、高脂質の太りやすいものではありませんか?だから現代の日本では、太っている=質の悪い食事を食欲にかまけてとっている、様々な意味で貧しいと感じてしまうのです。

痩せていないと不安なワケ

多くの日本人女性が痩せたいと願う裏には、豊かに生きたいという気持ちが隠れていたのですね。体型が分かりやすくそれを表現しているため、豊かさを実感出来ない場合、体型だけに固執してしまうことがあります。それがダイエット依存の始まりです。

もちろん綺麗になりたいという気持ちは素晴らしいですが、健全な美意識の範囲を超えてご自身がつらくなるほど体型に執着してしまっているのなら、一度ゆっくり本当に欲しいものは何なのかを考えてみてください。痩せていないと不安になるのは、広い意味での豊かさを感じられていないからです。

ダイエット依存のイメージ

現代の日本人女性にとって「豊かさ」とは

では、豊かさとは何なのでしょうか? 人それぞれの答えがあるかと思いますが、衣食住に困ることが少ない現代の日本における豊かさとは、質の良い食事や、やりがいのある仕事、愛する人との時間、没頭できる趣味などを楽しみ、人間らしく文化的であることを指すのではないでしょうか。

堅苦しい言い方になってしまいましたが、大層なことでなくていいのです。本当に心を満たしてくれる幸せは、目の前のことに集中し日々の暮らしを大切にすることで手に入れられるのです。

容姿は内面を映し出す鏡です。ダイエットは心から!体型から豊かさを手に入れようとしなくても、真に満たされれば勝手にスリムな体はついてくるはず!

日々の暮らしを楽しむイメージ

最後に

いかがでしたか?
どこまでが健全な美意識で、どこからがダイエット依存なのかの判断って難しいかもしれませんね。周りからは辛そうに見えても、自分では気づいていないことも多いかと思います。

1つの判断基準として、太ることが怖い痩せていないと不安、そういうネガティブな気持ちからダイエットに励んでいるのであれば、それはダイエット依存かもしれません。痩せたら何が手に入ると思っていますか?それが、あなたの本当に欲しいものです。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

ダイエット歴は10年以上。芸能のお仕事を始めてからはますますストイックに。ストレスをコントロールしきれず、長い間「過食症…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる