スラっと足は足首から!1日3分で足首が細くなる方法 スラっと足は足首から!1日3分で足首が細くなる方法

スラっと美脚は足首から!1日3分で足首が細くなる方法

2016.06.23 痩身/ストレッチ・エクササイズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
長めのスカートが流行っていたり、パンツスタイルでも、夏になると足首が見える機会が増えます。脚がむくんでいると、足首まで太くなり、余計に下半身全体がガッチリとした印象に……。太ももやふくらはぎのケアをしても、足首のケアをしないと意味がありません!今回は、エステティシャンである筆者が、一日3分で足首を細くする方法をお教えします。

■こっそり努力!自宅ケア

自宅でのケアは、“冷えケア”と“セルライト撃退ケア”です。

(1)冷えケア
むくみの大敵!である冷えですが、自宅でできる3分冷えケアは、やっぱりお風呂。湯船に浸かれなくてもできます。

シャワーを「冷・温・冷・温」と交互に当てます。できれば全身、勇気がいる人は足から始めます。また、お風呂上りに行うのがベストです。

全身を洗っているときに「温」をかけているので、「冷」から始め、1分間ずつ当て「冷」で終わります。夏だと、取り入れやすい冷シャワー。今年の夏はチェレンジしてみてください。

シャワーを当てるイメージ

(2)セルライト撃退ケア
むくみや脂肪が蓄積されてできるのが“セルライト”ですが、セルライトがあるとどんどん足首が太くなり、むくみやすくもなります。

グーの手の尖がっているところで、足首をなでましょう。強さは、気持ちいいではなく、痛いくらい(激痛は、やりすぎ)です。オイルやクリーム、お風呂なら石けんなど、滑りをよくして、両足首一緒に3分行ってください。滑らないと摩擦で痛みが出て、本来の効果が期待できません。

■ひっそりやっちゃう?ながらケア

オフィスや電車でもできるケアは、“血流促進ケア”と“筋力アップケア”です。自宅で、どんなにケアしていても、オフィスなど外にいる時間の方が長いですので、そこを無視したらもったいないです。

(1)血流促進ケア
足首をくるくる回します。ただこれだけの“ながらケア”ですが、本気でやってみてください。くるくると1分半で逆回しをし、合計3分行います。

椅子に座って行うと、実は、太ももの筋肉も使っています。立って行うと、お尻の筋肉を使っています。それらの相乗効果で、下半身の血流が思っている以上にアップします。

(2)筋力アップケア
こちらも一般的ですが、つまさきで立ち、ふくらはぎを使って上下にアップダウンします。座っていたら、前に脚を伸ばし、つま先だけを伸ばす、上げると繰り返します。これは、ふくらはぎの筋肉のストレッチに、少し、強めに行うと筋肉を使います。

ポイントは、3分間、ゆっくりと行うことです。ストレッチと筋トレを交互に行うことで、良い筋肉が育ちやすくなり、カモシカ脚に近づきます。

男性も足首を見てる!

夏になると気になる女性のパーツで毎年上位に入る『足首』、男性も同じように女性の足首が好きなようです。夏のモテ脚は、足首からケアをするのがポイントです。

自宅ケアとながらケアを混ぜて、行ってみてください。思っているより早く効果が出て、びっくりしますよ!

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。美容学校を卒業後、エステティック及びヘアメイク・着付けを中心に教育と現場の仕…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる