幸せ美人をつくるマインドフルメディテーション 幸せ美人をつくるマインドフルメディテーション

幸せ美人は「今」を生きることでつくられる。マインドフルネスメディテーション(瞑想)の実践法

2016.06.14 女磨き/ライフスタイル
このエントリーをはてなブックマークに追加
とうとう梅雨が到来しましたが、気持ちまで雨模様でどんより重たくなっていませんか?心をスッキリ晴れやかに整える簡単な方法、お伝えします。

「今ここ」に集中することが幸せの原点

1日の終わり、「あんな言い方しなければ良かった」と変えられない過去を悔やんだり、「結婚できなかったらどうしよう」と誰にも分からない未来を心配したりなど、思考の渦に飲み込まれてなかなか眠れなくなっていませんか?

いつも幸せそうに見える人は、過去や未来ではなく、常に「今ここ」に意識を集中する「マインドフルネス」な生き方ができている人です。

マインドフルネスとは、「今ここでの経験に評価や判断を加えることなく能動的な注意を向けること(Kabat-Zinn,2003)」と定義されています。頭をよぎる様々な不安やネガティブ思考をお片付けし、「今」を生きることで人の心は穏やかになり、幸福感で自分を満たすことができるのです。

マインドフルネスのイメージ

そこで、就寝前におすすめなのが「マインドフルネスメディテーション(瞑想)」を実践すること。マインドフルネス体質へぐっと近づけると同時に、ぐっすり深い眠りを得ることができます。

マインドフルネスメディテーションの実践法

方法はとてもシンプルで簡単です。あぐらをかいたら上半身の力を抜いてリラックスをし、呼吸に意識を向けて集中するだけ。慣れない最初のうちは、瞑想中に様々な思考が浮かぶと思いますが、無理に抑えようとせず、ただそれ(思考)に気付き、再びゆっくりと呼吸に注意を戻すことを繰り返します。

まずは5分間の実践から始めて、少しずつ10分間、15分間と時間を伸ばしていきましょう。実践する空間はやや暗めで静かな空間が理想的です。服装は締めつけ感のないリラックスできるものを選んでくださいね。

マインドフルネスメディテーションのイメージ

目覚めるたびに「もっと幸せな自分」と出会うため、マインドフルネスメディテーションをぜひお休み支度の習慣に加えてくださいね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

株式会社SEA Trinity代表取締役、睡眠コンサルタント、「科学でわかる ねむりの環境・空間ラボ」主宰。順天堂大学 …

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる