老けをまねく!夏のNGスキンケア習慣5選 老けをまねく!夏のNGスキンケア習慣5選

老けをまねく!夏のNGスキンケア習慣5選

2016.06.07 エイジングケア/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加
夏は紫外線や暑さなどの影響によって肌にとっては過酷な季節。しかも、肌の乾燥を見逃しやすい季節でもあるため、スキンケア法を誤るとエイジングサインが加速しやすい季節でもあります。そんな夏に老けないために、夏こそスキンケアの方法を見直す必要があります。そこで、今回は老けをまねく恐れがある夏のNGスキンケア習慣をご紹介します。

1.ベタベタするのは嫌!油分を避けたスキンケア

夏は皮脂分泌が活発になったり、汗をかいたりして肌のべとつきを感じる季節ですよね。そんな季節は、乳液やクリーム、オイルなどの油分は避け、さっぱりとした使用感のスキンケアアイテムに手が伸びがち。しかし、肌のべとつきが気になっても、必ずしも肌が潤っているとは限らないため、油分を避けたスキンケアはNG

そこで、乳液はスキンケアの最後ではなく導入で使う、クリームは軽めのテクスチャーのものに変えるなど工夫しながら、水分と油分のバランスをよくしたスキンケアを心がけましょう。

スキンケアのイメージ

2.朝は毎日ぬるま湯洗顔

乾燥が気になる場合には、朝の洗顔を見直す必要があります。特に洗顔料の使用は、余計に肌の乾燥をまねく恐れがあるため、使用の有無は慎重に検討したいところ。

肌の乾燥が気になる場合は、ぬるま湯だけで汚れを落とす、ぬるま湯洗顔も有効な手段ではあります。しかし、皮脂分泌が活発になる夏に毎朝ぬるま湯洗顔していると、空気やほこりなどよって酸化してしまった皮脂を落とすことができずに、肌トラブルをまねく恐れがあります。

そこで、洗顔料を使用する、乾燥が気になる場合は乳液で皮脂や汚れを落とし、蒸しタオルや精製水を含ませたコットンでふき取るなど、酸化した皮脂や汚れを肌に残すことがないよう注意しましょう。

ぬるま湯の洗顔のイメージ

3.クレンジングは入浴時に行う

夏の肌は、皮脂分泌が活発になり、また紫外線の影響も強く受けています。そのため帰宅していつまでもメイクをしたままだと、肌に負担をかけることになります。

そこで、帰宅したら真っ先にメイクを落とすことが大切です。拭き取りタイプのクレンジング剤などを常備しておくと、スピーディにメイクを落とすことができるため便利ですよ。

4.日焼け止めはのばして塗る

容赦なく降り注ぐ紫外線から肌を守ることは、エイジレスな美肌を育む上でとても重要なこと。外出しない日でも窓から紫外線は降り注いでいるため、必ず日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めの使用量ですが、使用する商品に指定がある場合はそれを厳守し、指定がない場合は500円玉大程度を目安にしましょう。

また、日焼け止めを塗る際に薄くのばすのはNG。手で何度も日焼け止めをのばすことによって日焼け止め本来の効果を発揮できなくなる可能性があります。

日焼け止めを塗る際は素早く、手で叩き込むようにスタンプ塗りをしましょう。また、日焼け止めは朝塗ったらそのままにせず、化粧崩れが気になった時など、こまめに塗りなおすことも大切です。

日焼け止めを塗るイメージ

5.浮いてくる皮脂を脂取り紙などで頻繁にとらない

皮脂分泌が活発になる夏は、化粧崩れにも悩まされるもの。しかし、皮脂が気になるからといって、脂取り紙などで頻繁に皮脂をとるのはNG。皮脂は天然の保湿剤ともいえる役割を果たしているため、とり過ぎると肌は自らを潤そうとして、余計に皮脂の分泌をまねくことになります。

テカリが気になった時は、スポンジやティッシュで軽く抑える程度に留めましょう。この他、メイクをする前に化粧崩れを防ぐ効果の高い下地を使用するのもおすすめです。

夏にエイジングサインを加速させないために、一度自分のスキンケアの方法を見直してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメ…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる