“キメが細かい”ってどんな意味?美肌を導く第一歩はここにあり! “キメが細かい”ってどんな意味?美肌を導く第一歩はここにあり!

“キメが細かい”ってどんな状態?美肌を導く第一歩はここにあり!

2016.06.12 エイジングケア/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加
よくCMや雑誌などのキャッチフレーズにも「お肌のキメを整えよう!」と謳われていますよね。そこで問題です。「キメ」とは一体どんな仕組みのことでしょうか?今回はそんな皮膚構造を紐解いていきたいと思います。

すべすべの肌の定義とは?

お肌の表面を拡大してみてみると、実は筋や溝が付いています。

《キメに関する皮膚構造》
皮溝(ひこう)→網目状の細かい溝
皮丘(ひきゅう)→皮溝に囲まれた皮膚が高くなっている部分

肌の表面のイメージ

この2つがキメに関係しています。皮溝が浅くて狭いほど、お肌の表面がすべすべした感触に。反対に皮溝が広く深く幅ができてしまうと、皮膚の表面が凸凹して見えます。その凸凹が荒いほど、皮丘が不揃いになりキメの荒いザラザラした状態に。

男性に比べると女性は元々キメが細かい皮膚を持っていますが、年齢とともにキメの崩れが出てくるので意識したいポイントです。

キメを整えるメリット

皮溝や皮丘がキメには深く関係しているとお伝えしました。そこでキメを整えることで得られるメリットについて、掘り下げてみたいと思います。

《キメが整うメリット》
・凸凹が均一になることで光の反射により艶っぽく見える
・触り心地が良い
・お肌が明るく見える
・化粧ノリが良くなる
・化粧崩れが軽減される

メイクのりが良くなるイメージ

このように、お肌のキメが均一に整うことでベースメイクがフィットしやすくなるんですよね。化粧下地がぴったりくっつくことで、ファンデーションもノリやすく崩れにくくなる。そしてお肌の表面がツルンとしているので、光が反射してツヤツヤ度UPも期待できますよ♡

最後に

お肌のキメは1日で作られるものではありません・・・!日々のスキンケアを大切に行うことが、キメ作りの最大のコツ。皮溝と皮丘を意識して、なめらかなお肌をGETしてくださいね♡

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

幼い時から母親とともに、アトピーや手荒れ、ニキビ で悩んでいた経験から「なぜこんな風になってしまうんだろう?」そんな疑問…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる