ほうれい線やたるみが目立つお疲れ老け顔から一発逆転!側頭筋をほぐして引き上げるリフトアップマッサージ ほうれい線やたるみが目立つお疲れ老け顔から一発逆転!側頭筋をほぐして引き上げるリフトアップマッサージ

お疲れ老け顔から一発逆転!3分でできるリフトアップマッサージ

2016.06.17 シワ・たるみ/マッサージ
このエントリーをはてなブックマークに追加
肌はくすみ、目ヂカラはダウン。頬にはほうれい線がクッキリ・・・。夕方、ふと鏡を見るとそんな老け顔になっていることがありませんか?そんなお疲れ老け顔は、デスクワークなどで眼精疲労を起こし、頭部が凝っているせいかもしれません。その日の凝りはその日のうちに解消することで、お疲れ老け顔を解消できる見込みがあります。そこで、今回はお疲れ老け顔を解消する効果のあるリフトアップマッサージをご紹介します。

眼精疲労がまねく側頭筋の凝り

デスクワークなどで目を酷使すると、目が疲れると感じることがありますよね。そんな時は目薬を差したり、目を温めるといったことも効果的ですが、それだけではお疲れ老け顔にアプローチすることはできません。顔の皮膚と頭皮は繋がっているため、頭皮からアプローチすることが必要になります。

眼精疲労を起こすと耳の後ろ辺りにある筋肉、側頭筋が疲労し、凝ってしまいます。そうなると、側頭筋の働きが衰えることとなり、頬のたるみ、ほうれい線をまねくことに繋がります。逆にいうと、側頭筋の凝りをほぐし、その働きを高めることで、再びたるんだ頬を上へと引っ張り上げることができるということになるのです。

側頭筋の場所は、下記の図の斜線の入っている部分です。

側頭筋の場所のイメージ

3分でできる!側頭筋をほぐして引き上げるマッサージ

オフィスなどでは、時間のかかるマッサージなどはできませんよね。しかも人目がある場所だと、できるマッサージは自ずと限られてきます。そこで、ここではオフィスでも手軽にできる側頭筋をほぐして引き上げるマッサージをご紹介します。

1. 側頭筋の部分に手のひらをあて、力を入れる。

側頭筋に手のひらをあてるイメージ

2. 1の状態の手のひらを前後に動かし、側頭筋をほぐす。

側頭筋に手のひらをあて、前後に動かすイメージ

3. 1の状態の手のひらで螺旋(らせん)を描くようにクルクルと手を動かして側頭筋をほぐす。

4. 側頭筋がほぐれたと感じたら、指の腹を側頭筋部分にあて、斜め上方向に向かって引き上げる。

側頭筋を引き上げるイメージ

5. 頭頂付近まで引き上げた指を、後頭部を通ってデコルテに流す。これを2、3回繰り返す。

このマッサージを行う時は、できれば鏡を見て行ってください。側頭筋を斜め上へと引き上げた時の顔を見てみると、頬が上がり、ほうれい線が目立たなくなります。これが本来の自分の顔であると認識し、その状態を常に脳内に記憶しておきましょう。その上で毎日このマッサージを行うと、リフトアップ効果が期待できます。

大切なのは、その日の凝りを翌日に持ち越さないこと。そして、皮膚を引っ張るのではなく、頭部の筋肉を本来の位置に引き戻すようなイメージで行いましょう。

ぜひこの側頭筋マッサージを夕方や夜の習慣にしてみてください。そして、時間があれば全身のストレッチ、耳や首、顔、肩などのマッサージも組み合わせて行ってみましょう。相乗効果が期待できるためおすすめです。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメ…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる