あなたはどう見られたい?洋服の色で印象を操作する方法 あなたはどう見られたい?洋服の色で印象を操作する方法

あなたはどう見られたい?洋服の色で印象を操作する方法

2016.06.07 女磨き/ファッション
洋服の「色」によって、あなたの印象が変わって見えることはご存じですか?色には、それぞれに一定のイメージがあります。そのため、なにげなく洋服の色を選んだとしても、実は知らず知らずに、その色の持つイメージをまとっているのです。そこを利用して、洋服の色で印象を操作する方法をご紹介します。

色のイメージ(ベーシックカラー)

無難だから」と選びがちなベーシックカラーですが、色によって与える印象は大きく違います。それぞれどんなイメージを持っていて、どんなシーンで使えるのかをご紹介しましょう。

■白
清潔感があり、素直で誠実、爽やかなイメージ。嫌う人が最も少ない色の代表でもあり、ビジネスからプライベートまでオールマイティに使える色。

白のイメージ

■グレー
控えめ、ソフト、デリケートなイメージ。主張するのではなく、引き立てる性格が強いので、オフィスなど、協調性が求められるシーンや、目立ちたくない時にぴったりな色。一方で、シックで都会的なイメージも併せ持つので、洋服のデザインや合わせる色によっては、洗練されたイメージも演出できる。

■黒
大人っぽくスタイリッシュ、高級感、重厚感のあるイメージ。強いリーダーシップを感じさせる色でもあるので、ビジネスの交渉のシーンなど、威厳を保ちながら自己主張したい時にぴったりな色。プライベートで使うと、大人の洗練された女性を演出できる。

黒のイメージ

■ネイビー
知的で冷静、信頼できるイメージ。品のある真面目さを演出できるので、オフィスや、改まった場所にぴったりな色。この時、明るいネイビーを選ぶと、若々しく明るい印象になり、暗いネイビーを選ぶと落ち着いた威厳を演出できる。

■ベージュ
親しみやすい、優しい、柔らかいイメージ。人の肌色に近いベージュは、初対面の人を安心させる効果のある色。ビジネスでは、初対面の人に合う時や、一歩進めて打ち解けた関係を築きたい時に使うと効果的。プライベートでは、気取らない優しい女性を演出できるので、デートや女子会にぴったりな色。

ベージュのイメージ

■茶色
ベージュに、どっしりした落ち着きを加えたのが茶色。温厚で、落ち着きがあるイメージの色。ビジネスなどで、年齢より若く見えがちな人が、安定感を出したい時に効果的。

色のイメージ(カラフルカラー)

続いて、カラフルな色のイメージを見ていきましょう。これらの色は、与えるイメージのインパクトも強くなるので、見せたいイメージを明確にしてから取り入れるのがおすすめです。

■赤
華やか、積極的、情熱的、官能的なイメージ。目立つ色なので、その場の主役になりたい時にぴったりな色。ビジネスではプレゼンの時などに、赤いスカーフやアクセサリーなどワンポイントで取り入れると、注目集める効果が期待できる。また、プライベートでは、セクシーで華やかな女性を演出したい時に使いたい色。

赤のイメージ

■ピンク
女性らしい、かわいい、やさしいイメージ。ふんわりとした女性らしさを演出したい時に最適なので、婚活パーティでは最も使える色。ただ、分量や色味によっては、幼い印象、くどい印象になるので注意が必要。

■黄色
楽しい、明るい、元気、健康的なイメージ。固い印象、暗い印象に見られがちな人が、親しみやすさを演出したい時に最適な色。パステルの柔らかいイエローは、デートにもおすすめ。

黄色のイメージ

■紫
ラベンダーの様な薄いパステルカラーは、エレガントで優しいイメージ、濃いパープルは、ミステリアスで個性的なイメージになる。パステルはデートや婚活パーティ、濃い紫は、独特の存在感を出したい時に使うと効果的。

最後に

人の印象は数十秒で決まると言われています。まず目にとびこんでくる「洋服の色」は、あなたの印象を決定づけます。どう見られたいか?そこに焦点を合わせて、効果的に色をお選びくださいね。

Photo by 
  • fotolia
この記事をシェアする

LINE@で美LAB.を

友だち追加数

アプリ美LAB.もっと快適に!

「読んで痩せる、キレイになれる」
ダイエット& 美容アプリの決定版!

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月後半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる