今すぐ脱却したい!《3つの勘違い洗顔》を正しく見直してプルプル美肌をGETしよう♡ 今すぐ脱却したい!《3つの勘違い洗顔》を正しく見直してプルプル美肌をGETしよう♡

今すぐ脱却したい!3つの「勘違い洗顔」を正して、プルプル美肌をGET♡

2016.05.15 エイジングケア/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加
洗顔は、1日の汚れをサッパリ綺麗に落とすスキンケアの第一歩。美意識の高い皆さんはそれぞれの「こだわり洗顔方法」があると思います。しかし間違った方向に一生懸命突っ走る!なんて事があってはもったいないですよね。そこで今回は、ありがちな勘違い洗顔と題しまして、3つのタイプ別に見ていきましょう!

タイプ1「とにかく泡立ちを重視でモコモコが好き!」

まずは視覚的に「なんだかよく落ちそう」と感じるのがこの洗顔タイプ。「モコモコのふわふわ泡じゃないと洗顔した気分にならないの」という方も多いのではないでしょうか?

泡で洗顔するイメージ

もちろんケアする際にお肌への摩擦が少ない方が良いので、泡立ちをよくするためにネットを使って、きめ細やかな泡で洗うことは良いと思います。しかし、泡立ちだけに固執してしまうのはちょっぴりイエローカード。

泡立ちが良いということは、逆に言い換えると洗浄成分や発泡剤が必要以上に含まれている可能性があるからです。「モコモコ度」で測るより、洗った後のお肌の状態が自分に合った商品をチョイスすることが第一歩ではないでしょうか。

タイプ2「水洗いが一番お肌には良い!」

冷たいお水で洗うのが、お肌の引き締めにもなって一石二鳥!という洗顔を好む方です。毛穴の開きが気になると、つい冷たいお水の方が良いのでは?と感じていまいますよね。

しかし、一日お外で生活して付いたホコリや皮脂の汚れは「油」なので、お水では落ちきれずに残ってしまうことも…!

筋肉は収縮する機能があるので、一時的に冷水で引き締まることはあるかもしれませんが、根本的な解決に繋がっているのか?と考えると△だと思います。

そこでオススメなのは、体温と同じくらいのぬるま湯での洗顔です。また、朝やノーメイクの日でも洗顔料を使って汚れ落しを心がけることで、余分な皮脂が落ち、化粧水などの浸透もスムーズになるので意識してみてくださいね♡

タイプ3「熱いお湯で洗うとサッパリするの!」

こちらは特に冷えが気になる方に多いタイプですが、40度前後のお湯は洗顔後の乾燥が目立ちやすくなってしまいます。お肌に必要なうるおい成分まで逃しかねないので、32〜34度前後が理想的です。

体の皮膚とお顔の皮膚では薄さが異なるので、アツアツのお湯で一気に顔までゴシゴシ!と洗っている方は、お風呂上りに洗面台での洗顔に切り替えるなど、ワンクッション置くと切り替えやすいと思います。

最後に

洗顔を行う意味と、皮膚とお湯の関係にヒントが隠されていたんですね。洗顔後の心地よいお肌を手に入れて、毎日のケアに取り入れてみてはいかがでしょう・・・♡

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

幼い時から母親とともに、アトピーや手荒れ、ニキビ で悩んでいた経験から「なぜこんな風になってしまうんだろう?」そんな疑問…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる