肌が乾燥すると◯◯作用が弱ってしまう?美肌を保つための秘密とは 肌が乾燥すると◯◯作用が弱ってしまう?美肌を保つための秘密とは

肌が乾燥すると◯◯◯◯作用が弱ってしまう?美肌を保つための秘密とは

2016.05.09 毛穴/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加
今回はお肌の機能でも少しマニアックな部分に触れてみたいと思います。あまり知られていないですが、お肌を健康的に保つ上でとても重要になってくる作用が存在します。そんな隠れざる美肌の秘密に迫ってみましょう!

乾燥と皮脂の関係について

お肌が乾燥するから保湿をしましょう!という事は皆さんご存知だと思います。そこで、もう一歩踏み込んで考えたいのが「なぜ乾燥すると良くないのか?」という点です。

《乾燥がお肌に良くない理由》
皮脂が減少し、皮脂膜が作られにくい
・お肌がデリケートになりバリアが弱くなる
・乾燥することでカサつきの原因に

肌トラブルに悩むイメージ

ここで注目したいのが「皮脂の分泌」です。“乾燥すると良くない”という意味合いの中には、本来なら自然と皮脂膜を作ってバリアしてくれる皮脂分泌が減少する、ということがポイントになってきます。

皮脂分泌の減少による、ある作用の低下とは

石鹸や洗顔フォームなどの洗浄力を重視した商品は「アルカリ性」で作られていることが多いのはご存知でしょうか?しかし、お肌が弱酸性なのは有名ですよね。

弱酸性のお肌にアルカリ性で洗った場合、一時的ではありますがアルカリ性に偏ります。「弱酸性なのにアルカリって大丈夫なの?」と驚いてしまいそうですが、人間のお肌は自然と弱酸性に戻そうとする「バッファー作用」というものが備わっています。

バッファーというのは「中和」とも言いますが、皮脂を正しく分泌することで一時的にアルカリ性になったお肌を正そうとしてくれるんです。

洗顔のイメージ

乾燥しているということは皮脂の分泌がうまくできていないと言うことになるので、このバッファー作用が低下していると考えて良いのではないでしょうか。

最後に

バッファー作用の低下を防ぐためにも、日頃の保湿が大切という意味を感じとっていただけたでしょうか?特に肌トラブルが多い方は、この作用がうまくできていないケースが多いと言われているので、意識したいポイントだと思います。

美肌に近づくためのヒントになれば幸いです・・・♡

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

幼い時から母親とともに、アトピーや手荒れ、ニキビ で悩んでいた経験から「なぜこんな風になってしまうんだろう?」そんな疑問…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる