腹筋じゃ痩せない!ぷよぷよお腹とさよならする方法 腹筋じゃ痩せない!ぷよぷよお腹とさよならする方法

腹筋じゃ痩せない!?ぷよぷよお腹とサヨナラする方法

2016.04.14 痩身/基礎知識
このエントリーをはてなブックマークに追加
「体重は変わらないのに、お腹だけぷよぷよになっていく」「腹筋を鍛えても、表面に広がったお肉がとれない」お腹のお肉って、鍛えてもなかなか取れないクセものですよね。脂肪を減らさないまま鍛えても、なかなか引き締まりません。そこで今回は、ぷよぷよっと張り付いたお腹周りのお肉を撃退するコツをご紹介します。

マッサージで柔らかく、代謝をよくする

お腹まわりがこり固まっている人は、体液循環が滞り、代謝が下がっている可能性があります。マッサージで揉みほぐし、血液やリンパの流れをよくすることで、老廃物を流しやすく代謝の良い状態へと整えることができますよ。

また、冷えの改善効果も期待できるため、冷えによる脂肪の増加(冷えから守るために脂肪がお腹周りについてしまうこと)や便秘を改善しやすくなります。ぽかぽかと温かく、柔らかいお腹を目指しましょう。

持ち上げて、伸ばす

猫背や、お腹がぽよっと前に突き出る姿勢で過ごしていませんか?肩をやや後ろに引き、頭をUFOキャッチャーで釣られているイメージでぐっと引き上げ(目線は前のまま!です)下腹を胸の方へと持ち上げるように、お腹を凹ませながら上へ引き上げましょう。ぽっこり突き出たお腹がまっすぐに伸びたのではないでしょうか。

「ぷよぷよお腹」の原因は体脂肪の付きすぎではなく、姿勢の悪さである場合があります。お腹が美しく見える姿勢をキープすることで、筋トレ効果代謝アップ効果も期待できます。良い姿勢でいることは、メリットだらけですね。

腹筋ばかりでなく、有酸素運動を

いくら腹筋運動で筋肉を増やしても、体脂肪があるままではなかなか引き締まりません。普段の姿勢の意識で体感を鍛え、腹筋運動に費やしていた時間を散歩やウィンドウショッピング、ハイキングなどの“有酸素運動”に変えましょう。エネルギーを消費して、ぷよぷよの原因である体脂肪を燃焼させることが大切です。

ぷよぷよお腹を腹筋運動だけで改善するのは難しいもの。マッサージや運動を取り入れて、しっかり燃やしていきましょう。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため「セルフトレーニングコーチ」として自身を輝…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる