【黄】【赤】【青】あなたの顔色はどのタイプ?-健康状態とケア法をチェック- 【黄】【赤】【青】あなたの顔色はどのタイプ?-健康状態とケア法をチェック-

【黄】【赤】【青】あなたの顔色はどのタイプ?-健康状態とケア法をチェック-

2016.04.16 エイジングケア/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加
よく「お肌は内臓の鏡」と言われていますね。肝臓が悪いと黄色っぽくなったり、貧血気味だと青白かったり、また解毒がうまく行われずにニキビができたり、ホルモンのバランスが崩れたり冷えていたりしてもトラブルが出てしまいます。自分のトラブルを教えてくれるお肌はいつも気にかけてあげたいですね。今回は、そんなトラブル肌の解決策をお伝えしていきますね。

お肌がくすんで見える、なんとなく黄色っぽく見える人

漢方でいえば瘀血(おけつ)がある状態で、血液が汚れていて血液の流れも悪い状態です。肝機能が低下している可能性も高いと思います。

肝臓は怒りの臓器でもあるので、負の感情を溜め込まず、吐き出してこころのデトックスを心がけましょう。

怒っている女性のイメージ

【ケア法】
・水分を多く摂取する。
・全身マッサージを行う。
★油もの、添加物、お酒、たばこは控え肝臓を休ませてあげましょう。

お肌に赤みがある人

俗にいう“赤ら顔”で悩んでいる方も多いと思います。血管が拡張している状態です。心臓が悪くてもこの状態になります。上半身に熱がこもっていて、足先などが冷えている方もいます。血圧が高い方もこのような状態になることがあります。

また、皮膚が薄いと赤ら顔になることがあります。これは体質でもありますが、ピーリングのし過ぎや洗顔のし過ぎ、強いクレンジング剤や界面活性剤などの使用が原因となることもあります。

赤ら顔で悩んでいる女性のイメージ

【ケア法】
・洗顔やクレンジングの見直しをする。
ビタミンCをこまめにとる(ビタミンCは水溶性なので、1時間おきに取ることが望ましいです)。
・下半身に血流がいくように全身運動をしたり、足浴などをして足を温める。
★クレイパックなどもおすすめです。

お肌が青白く見える、疲れて見える人

貧血の方や血流が悪い方、疲労がたまっている方がこのようになることがあります。栄養面では鉄分、タンパク質などのほかに、身体を温める食材の根菜類などを多く摂ることもおすすめです。

また、エネルギー不足などでも元気がないお肌になってしまいます。これは気持ちの問題でもつながってしまいます。

貧血気味の女性のイメージ

【ケア法】
・バランスのよい食事をとる。
・冷える食材を排除する。
・質のよい睡眠をとる(アロマセラピーもおすすめです)。
★足浴、運動、食事療法、セルフマッサージなどを行い、冷えを徹底的に改善しましょう。

いつも鏡を見る習慣をつけましょう

毎日自分の顔色を見ていると普段と違う状態がわかり、解決策を考えられます。見て、触って、弾力を確かめて・・・etc。

自分のお肌を愛おしく触ってあげることは、女性ホルモンアップにもつながり輝きを取り戻してくれると思います。同じように「こころ」のケアも忘れずに。

鏡を見て笑っている女性のイメージ

最後に

頑張り過ぎてしまったら、大好きなカフェでほんの30分間自分の時間をつくったり、寝る前に大好きな香りで芳香浴をしたり、入浴タイムをうまく使ったりして楽しんでみてください。翌日の顔色が少し違ってくると思いますよ。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

IFA国際アロマセラピスト認定校、ISAメディカルアロマセラピスト養成校の校長として、アロマセラピストの養成とともに、自…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる