ハーブで美肌対策 ローズヒップ編 ローズヒップを丸ごと食べよう! ハーブで美肌対策 ローズヒップ編 ローズヒップを丸ごと食べよう!

ハーブで紫外線対策!ビタミンたっぷりの「ローズヒップ」を丸ごと食べる

2016.03.26 シミ・ソバカス/美容成分・アイテム
このエントリーをはてなブックマークに追加
これから少しずつ紫外線が多くなってきます。花粉も加わり、肌のダメージが多くなる季節ですね。ハーブティーでビタミン補給をすることも大切です。美肌におすすめのハーブティーには、以前ご紹介したエルダーフラワー、ローズ、ヒースなどがありますが、今回はビタミンCの宝庫でもあるローズヒップを、くまなく使いこなす使用法をお伝えいたします。

ローズヒップの成分

ローズヒップにはレモンの20~30倍ものビタミンCが含まれています。美肌ビタミンでおなじみのA、C、E、女性の味方の鉄分も豊富!

そしてトマトの7倍ものリコピン、カルシウムが含まれているのです。活性酸素を防いでくれますし、飲み続けることで紫外線に強いお肌に導いてくれます。

ローズヒップティーのイメージ

水溶性成分はハーブティー。脂溶性成分はどうすればいいの?

1. ローズヒップジャムにする
【材料】 
乾燥ローズヒップ 100g
てんさい糖(または蜂蜜)80g
レモン汁 適量

【作り方】
1)乾燥ローズヒップを鍋に入れ、ひたひたより2~3センチかぶるくらいのお水でふやかしておきます。最低1時間はつけておきましょう。
2)その後火にかけ、てんさい糖を入れます。 木べらで時々かき混ぜながら煮詰めていきます。
3)とろりとしてきたところでレモン汁を入れて、冷まして完成です。

ローズヒップのジャムのイメージ

ローズヒップに含まれているビタミンCですが、ビタミンP(ポリフェノール)が含まれているため、熱に強く、破壊されにくいのです。

お砂糖は白砂糖ではなく、できたらてんさい糖を使いましょう。白砂糖よりもからだを温めます。

ヨーグルトに混ぜていただくととってもおいしいです。ビタミンCは水溶性で、すぐに尿として排泄されてしまいますので、1時間に一度ほんの少しずつおやつ代わりに食べるのも効果的です。その際は、お砂糖の分量をもう少し減らしたほうがいいかもしれませんね。

2. チンキ剤にして抽出する
【材料】
ローズヒップ 30g 
ウォッカ適量(ひたひたにひたして、それより1センチくらい多めにいれます。)

【作り方】
1)ローズヒップをウォッカに浸し、2週間漬け込みます。時々よく振ってください。
2)ガーゼなどで濾(こ)します。※その際、もったいないからとぎゅうぎゅうにつぶしてしまうと腐敗の原因になるので、かるく絞る程度にしてくださいね。
3)ガラス容器で冷蔵保存で半年は大丈夫です。ハーブティーに数滴入れてお飲みください。

ローズヒップのチンキ剤のイメージ

終わりに

こまめにビタミンを摂取することが大切ですので、ローズヒップ、エルダーフラワー、ヒースなど常備しておくといいですね。紫外線に負けないお肌を作りましょう!

シミ・ソバカスのキーワード

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

IFA国際アロマセラピスト認定校、ISAメディカルアロマセラピスト養成校の校長として、アロマセラピストの養成とともに、自…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる