知らなった!体が痒くなる原因があれだった 知らなった!体が痒くなる原因があれだった

肌にも花粉症があった!花粉に強い肌をつくるために重要なこと3つ

2016.03.20 くすみ・くま/ライフスタイル
このエントリーをはてなブックマークに追加
花粉の季節到来と同時に、体もかゆくなる季節だと思われた方、もしかしたら、それは皮膚の花粉症かもしれません。花粉症は、鼻や目だけでなく皮膚にも関係があります。かゆみが出て、掻くことにより、皮膚は黒ずみ、または、シミになることがあります。思い当たる方は、ぜひ、対策をされてください。

皮膚の花粉症とは?

皮膚が花粉により反応を起こし、プチプチとした湿疹や痒み、または、粉っぽくなったり、ゴワゴワするような敏感な肌になります。

アトピー性皮膚炎の方は、よりかゆみが強くなることもあり、アトピー性皮膚炎でない方でも、首やひじの内側を始め、露出している箇所にかゆみが出ることがあります。

これを「花粉症皮膚炎」といい、意外に多くの方が悩まれています。さて、なにをすると良いのでしょうか?

花粉症のイメージ

乾燥が原因?

冬のケアを怠っていたり、乾燥肌になりやすい方は要注意です。肌のバリア機能が整っていなく、外からの刺激を受けやすくなっています。そこへ、花粉が付着し、かゆみの原因となります。

かゆいイメージ

バリア機能を正常にするには
・「乾燥させない
・「ターンオーバーを正常化
・「外からの刺激を与えない
これらが重要です。

乾燥対策は、体にも化粧水をつけることです。そのあと、ボディクリームやオイルでケアします。ターンオーバーは、スクラブで古い角質を除去し、ターンオーバーのサポートをします。また、紫外線や脱毛などの刺激を控えることも重要です。

外出前に行うと良いこと

外出前に、しっかりと保湿を行うことが一番ですが、問題はそのあとです。保湿をし、しっとりとした肌で外にでると、花粉が付きやすくなります。また、汗をかきやすい季節でもあるので、汗でベトついた肌にも、花粉が付きやすくなります。

おすすめは、ベビーパウダーです。しっかりと保湿を行ったら、パウダーをはたきます。汗をかきやすい部分にもつけておくと、汗をかいた後もサラサラな状態が保てます。

また、外出から帰ってきたら早めにお風呂に入り、体についた花粉を流します。同時に汗も流れるので、かゆくなりにくくなります。そして、お風呂上りには保湿ケアのボディクリームなどをつけてください。バリア機能が整い、肌が強くなることで、花粉に強い肌が作られます。

花粉症皮膚炎という病名までついているとは、驚きです。上記で挙げた対策だけでなく、食事や睡眠などの生活習慣やストレスの見直しを行い、免疫を高めることも心掛けると、花粉に負けない皮膚になることもあります。

くすみ・くまのキーワード

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

自身のアトピー・アレルギーを機に美容を学ぶ。美容学校を卒業後、エステティック及びヘアメイク・着付けを中心に教育と現場の仕…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる