「上腹」だって痩せられる!“プニ肉”撃退ストレッチ 「上腹」だって痩せられる!“プニ肉”撃退ストレッチ

「上腹」だって痩せられる!“プニ肉”撃退ストレッチ

2016.03.07 痩身/ストレッチ・エクササイズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
おへそと胸の間にある“上腹”のお肉、気になりませんか?腹筋運動をしてもなかなか引き締まらない上腹。日々の生活で使う機会も少ないので、ストレッチでしっかりシェイプアップしましょう。最初はプルプルしてしまうかもしれません。でも大丈夫。プルプルしなくなった頃には、上腹がキュッと引き締まっていますよ。

上腹の筋肉を引き締めるエクササイズ法

1. 両膝を立てて、床に座る

2. 両手をまっすぐ前に出し、肩の高さでキープして手を組む

4. 腕を伸ばしたまま、上体を後ろにゆっくり倒す

5. 5〜10秒程度かけてゆっくりと倒したら、5秒キープする
※このとき、あごを上げないように注意する

6. ゆっくりと5〜10秒かけて上体を元に戻す

たった1回、されど1回。上腹のお肉がプルプル震えた人も多いのでは?5〜10回を1セットとして、毎日行うことをおすすめします。プルプル震えないようになる頃には、上腹が引き締まり始めます。

慣れてきたら、2セット、3セットと増やしていってくださいね。筋力を高めるには、筋肉をしっかりと刺激することが大切。「これ以上続けられない!」とギリギリになるくらいのセット数でおこなうことで、筋力をアップさせることができます。

普段の生活では・・・

上腹って、ご紹介したようなストレッチをおこなわなければ、なかなか使わない部分ですよね。椅子に座ると上腹がぽっこり前に出てしまう場合や、お腹が二段・三段腹になってしまう場合は要注意。ストレッチ中だけでなく、日頃からしっかり筋力を使うようにしましょう。

日常生活で上腹の筋肉を刺激するには、“お腹を凹ませる”姿勢がおすすめ。下腹から上腹まで、できるだけ薄くするようなイメージでお腹を引き上げ、内側によせることで、上腹の筋肉を刺激することができますよ。

お腹を凹ませる姿勢のイメージ

日常生活ではなかなか使わない上腹の筋肉。ストレッチやお腹をへこます姿勢を取り入れて、しっかり刺激してあげましょう。ぷにっとしがちな上腹の贅肉をキュッと引き締めてくださいね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため「セルフトレーニングコーチ」として自身を輝…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる