腎臓をケアする季節〜陰陽五行から見るセルフケア〜 腎臓をケアする季節〜陰陽五行から見るセルフケア〜

毎日働く「腎臓」を強化する食べ物~陰陽五行からみるセルフケア~

2016.02.29 エイジングケア/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。室屋真由美です。まだ寒さも残る季節ですね。この時期、陰陽五行からみてよく働く臓器は、腎臓です。今回は腎臓のお話しをいたします。

腎臓がよく働く季節

この時期、陰陽五行からみてよく働く腎臓。腎臓をケアできる食材もこの時期に多いですね。いつも24時間365日休むことなく働いてくれている臓器を意識し、時には労ってケアごはんを作り、ゆっくりよく噛んでいただくことも自分自身を大切にすことにつながりますから、ぜひ実行してみていただきたいです。

腎臓に良い食べ物

腎臓を強化してくれる食材の代表的なものは小豆。マクロビオティックでは、食材の形をみて、似ている臓器であることからも判断します。小豆はむくみをとって、水分代謝を促すことでも知られておりますが、手軽に摂取しやすいですから、小豆茶として飲んだり、玄米と一緒に炊いて小豆ごはんにして食べることもオススメ。

小豆と玄米のご飯のイメージ

その他、腎臓に良いとされている食材の特徴として「黒い食べ物」がありますね。黒豆、黒ゴマ、黒きくらげ、ひじきなど。お野菜では芋類、キャベツ、ブロッコリー、昆布わかめなどの海藻類。豆類やスイカ、ハトムギなどもカリウムが多く、腎臓に負担をかける塩分の過剰摂取を抑えてくれる作用があります。

腎臓の病を防いで健康、キレイに

腎臓はナトリウムの摂取量が多くなると疲弊してしまいますが、糖分も過剰摂取してしまうと悪影響を及ぼしやすくなります。白砂糖などはもちろんですが、加工された食品、ケチャップやソースなどの調味料も糖分が多く含まれています。

腎臓は病気を招いてしまうと、ずっと食事制限したりしなくてはならなくなったり、体のあちこちの機能が低下してしまうという、大きな影響を及ぼす大切な臓器です。

見た目の健康やキレイにも大きく関わりますから、腎臓をしっかりケアできるよう日頃から意識したいですね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

「モデル・ビューティーフード研究家」として、体の中からキレイになれる食を追求し、セミナーや各種講演・プロデュース商品など…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる