自眉を活かすと小顔になる!本来の自分と出会う眉メイク 自眉を活かすと小顔になる!本来の自分と出会う眉メイク

自眉を活かすと小顔になれる!本来の自分と出会う眉メイク

2016.02.23 小顔/メイク
このエントリーをはてなブックマークに追加
眉の形を整えるメイクから、自分の生えている眉毛にあわせてメイクする。眉メイクは顔の印象を決める大切なパーツです。自分の顔にあっていない眉メイクで顔を平坦に見せてしまったり、余計に大きな顔を作っていることもあります。自分の顔立ちにあった眉メイクをして、本来の小顔に戻ってみませんか。

自分に似合う眉のポイント

眉メイクのポイントは、まず自分の生えている眉毛を把握することから始まります。眉毛の濃さ、薄さを確認。次に太さ、細さを確認。そして長い、短いを確認するという3点がポイントになります。

左右の自眉で濃さ、太さ、長さは異なります。本数も1本1本生えている向きも違うので、左右対称に眉を描くことを止めてみましょう。

自分の顔立ちにあわせて描く

今度は自分の眉骨(骨格)を確認していきます。顔が90度横向きになった時に、まぶたの上部から額にかけて骨格が盛り上がっているところが眉骨になります。

骨格に合わせて眉を書くイメージ

眉骨に眉毛が生えているから、顔の骨格にあった立体感の生まれる眉が出来上がります。皆さんは骨格に沿って眉毛を生やしていますか。眉骨に沿って眉毛が生えていないかたは、なるべく骨格に沿って眉毛を伸ばしていくことをおすすめします。

眉骨に沿って、眉ペンシル、または眉ブラシを左右に動かしながらメイクしていくと、眉毛も皮膚も必要以上に動かないので、安定して眉メイクができます。

眉の形や輪郭を作るのではなく、あくまでも自眉に足りない部分にだけ補う意識で眉メイクをしていきましょう。

眉毛にあわせた色を選ぶ

眉メイク用のアイテムとして、主に眉ペンシル、眉パウダー、眉マスカラとありますが、自分の眉毛に一番近い色を選ぶと違和感のない眉毛に仕上がります。

眉毛が1本1本硬くて濃い色の方、また、1本1本が細くて、顔全体で見ても眉全体の色味が薄い方。同じ色を使用しても、仕上がりの印象は異なります。

眉が濃い方はパウダー、薄い方はペンシルとパウダーのW使い、眉毛と眉毛の間に隙間が多い方はマスカラを使ってみる、といったように、自眉にあわせてアイテムを選んでみましょう。眉にあわせる色は、顔全体で見た時に眉の部分だけが浮き出てこないようにしていきましょう。

眉の形を左右同じ形に揃えようとすると、合わせるのが大変です。自眉を活かしながら、自分の顔立ちに沿って自然な仕上がりにする。顔全体を印象づける眉メイク。作る、整えながらなじませるという視点でメイクしてみましょう。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

2010年より一般の女性向けのメイク教室「美塾」正式講師。「何ものにも変えない自分のままに輝くメイク=ナチュラルメイク」…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる