アイライン苦手な方に!やりすぎ感を与えないナチュラルなアイメイク アイライン苦手な方に!やりすぎ感を与えないナチュラルなアイメイク

アイラインが苦手な方に!やりすぎ感を与えないナチュラルなアイメイク

2016.02.14 エイジングケア/メイク
このエントリーをはてなブックマークに追加
アイラインを太く、長く描くことで目元をはっきり、瞳が大きく見えると思う方が多いようです。「アイラインをしている顔」と「目が大きく見える顔」どちらの印象を持ってもらいたいですか。アイラインした印象ではなく、「目が大きい」という印象を与えるナチュラルメイクでのアイラインをご紹介します。

アイラインは瞳の形に沿って描く

最初にナチュラルメイクでのアイラインの仕上がりイメージをお伝えします。元々、目にないものを描き足すから「アイライン書いているな」とわかってしまいます。理想的なアイラインの仕上げは、瞬きをしたときに相手に見える程度のライン。鏡に向かって、正面を見たときには、まつ毛の中に溶け込んでいて、自分ではわからない状態になります。

目尻を足さない、二重の幅まで太くしない。ナチュラルメイクで仕上げるアイラインは瞳の形に沿って、そのまま目尻の際の部分まで描いていきます。

ナチュラルなアイラインのイメージ

アイラインは黒とは限らない

まつ毛のタイプによって似合う色味があります。まつ毛は髪の毛同様、タンパク質で出来ています。自分のまつ毛を確認してみましょう。1本1本同じ太さ、長さは整っていません。そして左右対称にも生えていません。

まつ毛の1本が細い方、本数が少なくてまつ毛とまつ毛の間のすき間が見えてしまう方は、濃いブラウンやチャコールグレーといった色味のアイシャドウパウダーをおすすめします。ブラシを使いながら描いていきます。

まつ毛が太い方、密集して生えている方はリキッドタイプの黒アイライナーで細く描くことをおすすめします。

アイラインを引くイメージ

簡単に描けるコツ

正面に向かって鏡を見た時、瞳の際の粘膜とまつ毛の根元まで見えるように生えている方は、まつ毛とまつ毛の間を埋めるように点を繋げるようなアイラインを描いていきます。一直線に描かなくとも、点線がつながるようにするだけでキレイにラインが描けます。

一方、まつ毛の根元がまぶたの奥から生えてきて、正面を向いてもまつ毛の根元が見えてない方は、まつ毛の上側に細く描いていきます。まつ毛とアイラインのすき間が正面からみえると余計に目立つので、まつ毛が生えているギリギリのところに描いていきましょう。目尻は瞳の輪郭にあわせてまつ毛が生えている部分までで大丈夫です。不必要に目尻を長くするとアイラインが目立ち、本来の瞳の大きさが際立ちません。

最後の仕上げに顔全体を見て、目元がハッキリとした印象になったり、瞳が大きく仕上がったら完成です!

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

2010年より一般の女性向けのメイク教室「美塾」正式講師。「何ものにも変えない自分のままに輝くメイク=ナチュラルメイク」…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる