美容と健康に!ごまのビューティーポイントと簡単クッキーレシピ 美容と健康に!ごまのビューティーポイントと簡単クッキーレシピ

美容と健康に!「ごま」のビューティーポイントと簡単クッキーレシピ♪

2016.02.12 エイジングケア/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。インナービューティー研究家・フードコーディネーターの國塩亜矢子です。美容と健康におススメの食材「ごま」。特に「黒ごま」は女性に嬉しい栄養が豊富。今回はそんな黒ごまのビューティーパワーと、手軽に作れるスティッククッキーレシピをご紹介します。

ごまには良質な脂がたっぷり!

美容と健康によい食材として有名な「ごま」。ごまから絞り出される「ごま油」があるように、ごまには油分が多く含まれています。

ごま油のイメージ

「油」と聞くと「カロリーが高い」「ダイエットの敵」と敬遠する人が多いかもしれませんが、ごまに含まれる油脂成分は美容と健康にとってもよい良質な脂。特に「リノール酸」や「オレイン酸」などの不飽和脂肪酸を多く含み、血中コレステロールの上昇を防ぎます。もちろん女性に嬉しいアンチエイジング効果も大!

高抗酸化作用でアンチエイジングにおススメ!

ごまはビタミンCやE、βカロテンなど、細胞の老化を促進する活性酸素の働きを抑える「抗酸化作用」が高いビタミン類が豊富で、エイジングケアにピッタリの食材です。艶やかでキレイなお肌作り、健康なカラダ作りには欠かせません。

ごまに含まれる「セサミン」「セサミノール」と呼ばれる抗酸化成分は、サプリメントの成分としても使用されるほど。これらは、がんや動脈硬化など生活習慣病の予防の予防にも効果が期待されています。

ごまの種類と使い方

白ごまは特に油分が多く、黒ごまはアントシアニンなどの抗酸化成分が豊富で、金のごまにはフラボノイドなど抗菌作用が期待されています。目的に応じて使い分けたいですね。

固い殻に覆われているごまは、煎ってすり潰してから使うことで消化が良くなり栄養素が効率よく吸収されますよ。市販のすりごまを使っても構いませんが、ごまの油分は酸化しやすいので使う直前にすり潰すのがベター。できれば、お料理の前にすり鉢ですり潰しましょう。自分ですり潰すことでごまの豊かな香りも楽しめます。

ごまをすり潰すイメージ

黒ゴマのスティッククッキー

特に栄養価の高い黒ゴマをクッキーにたっぷり練り込みました。掴みやすいスティックタイプのクッキーは小さなお子様も食べやすく、手作りおやつとしてもおススメ!美意識の高い女友達へのミニギフトとしても◎

黒ゴマのスティッククッキーのイメージ

<材 料>
・薄力粉 …150g
・無塩バター …50g
・粉砂糖 …50g
・豆乳 …大さじ1
・黒ゴマ …大さじ2
(大さじ1はそのまま、大さじ1はすり潰す)

<作り方>
1. バターを耐熱容器に入れ電子レンジ(600W)で1分加熱し、ゴムベラで混ぜてクリーム状にする。
2. 粉砂糖と豆乳を加えてゴムベラですり混ぜる。
3. ふるった薄力粉を2~3回に分けて加え練り混ぜる。
4. 黒ごまを加えて手でよく混ぜ生地をまとめる。
5. 生地をラップの上で2cmの厚さに四角く伸ばし、ラップに包んで冷蔵庫で30分寝かせる。
6. 生地を細長く切り分け、オーブンシートを敷いた天板に重ならないように並べて170度で20分焼く。

ごまの風味がギュッと詰まった、サクサク美味しいクッキーが完成。大人も子供も大好きな優しい味わいです。

おわりに

いかがでしたか?美容と健康に嬉しい栄養がたっぷり詰まったごま。お料理やおやつにたっぷり使ってカラダの中からキレイと元気を磨きましょう!

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

インナービューティー研究家・フードコーディネーター。「インナービューティー」を軸とした自宅での少人数制レッスン、メディア…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる