お薬をできるだけ避けたナチュラルライフ!ハーブ編! お薬をできるだけ避けたナチュラルライフ!ハーブ編!

ハーブの力で花粉症を乗り切る!-お薬を使わないナチュラルライフのすすめ-

2016.02.04 エイジングケア/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加
2月から4月にかけて、ヒノキ花粉の影響がでてきますね。花粉症の方は1年で一番嫌な季節という方もいらっしゃいます。今回は、花粉症に悩む方へオススメのハーブのご紹介です。

花粉症にはお薬ではなくハーブを

花粉症のお薬を飲むと、眠くなる、口が渇く・・・などいろいろ我慢できないことも出てきたりしませんか?花粉症は鼻や目だけではなく、肌荒れをも起こしてしまいます。できるだけお薬の量を減らしたいという方のために、オススメのハーブをご紹介します!

花粉にはどんなハーブがいいの?

1. ペパーミント
すっきりと清涼感があるハーブです。ペパーミントに含まれるミントポリフェノールには抗アレルギー作用があると言われています。お薬の成分として胃腸薬にも含有されています。ポリフェノールは活性酸素除去にも一役かってくれます。

2. ネトル
粘膜の保護にいいと言われています。また鉄分が多いので妊婦さんの鉄分補給によく飲まれています。含有している抗ヒスタミン成分がアレルギーによいとされています。各種ビタミンも豊富です。

ネトルのイメージ

3. エルダーフラワー
風邪全般にいいと言われているハーブ。以前に美肌にお勧めとして取り上げましたが、抗アレルギー作用があるとされていて、花粉症にもお勧めです。

4. ユーカリ
すっきりとした香りのハーブです。カルシウム、カリウムなどが含まれいるのでむくみにもお勧めです。フラボノイドも含まれているので抗アレルギー作用を期待できますね。強いハーブですので量には気をつけましょう。

5. エキナセア
免疫力を高めると言われているハーブです。免疫賦活物質として働いてくれる単糖類や、フラボノイドが豊富に含まれているのです。こちらも強いハーブですので飲みすぎには注意しましょう。

どれくらい飲めばいいの?

できたら、花粉症の時期が始まる1~2か月前から飲むことをお勧めします。また1日3回程度飲むといいと思います。水筒に入れて持ち歩いてもいいですね。カフェインを取る量も減って健康的になるかもしれませんよ!ぜひ、習慣にしてくださいね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

IFA国際アロマセラピスト認定校、ISAメディカルアロマセラピスト養成校の校長として、アロマセラピストの養成とともに、自…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる