くすみやクマ、目立ってない?お疲れオバ肌をメイクでカバーする方法 くすみやクマ、目立ってない?お疲れオバ肌をメイクでカバーする方法

くすみやクマ、目立ってない?お疲れオバ肌をメイクでカバーする方法

2016.01.04 くすみ・くま/メイク
このエントリーをはてなブックマークに追加
何かと慌ただしく過ぎた年末年始。くすみやクマなどお疲れが肌に現れている、という人が多いのではないでしょうか。そこで、今回はくすみやクマが気になるお疲れオバ肌を、メイクでカバーする方法についてご紹介します。

用意するもの

●ツヤのあるピンク系下地(毛穴が気になる場合はノンパールのものを選ぶこと)

●透明感とツヤがありながら適度なカバー力があるファンデ(リキッドかクリーム)

茶クマが気になる肌にはイエロー系コンシーラー、青クマが気になる肌にはオレンジ系コンシーラー、黒クマが気になる肌にはイエロー系コンシーラーとオレンジ系コンシーラーの両方

●透明感があり、粒子の細かいフェイパウダー(毛穴が気になる場合はノンパールのものを選ぶこと)

●小回りが利く、三角やひし形などにカットされたスポンジ

●肌の色を少し淡くしたような色みのハイライト(筆ペンでも粉でもOK。手持ちのアイテムと質感が合うものが◎

メイクアイテムのイメージ

お疲れオバ肌をメイクでカバーする方法

1.ピンク系下地を手に取り、顔全体に万遍なく薄めに塗る。

2.くすみやクマが気になる部分にのみ、もう1度ピンク系下地を重ね、指の腹を使って丁寧に叩き込む。

仕上がりにムラがあるように感じる場合は、スポンジでのばす。

3.ファンデを薄く塗り、スポンジを使って均一に整える。

4.それぞれのクマの種類に対応したコンシーラーを、適量指の肌を使って叩き込むようになじませ、スポンジでしっかりと肌にフィットさせる。

黒クマは、イエロー系コンシーラーをなじませた後にオレンジ系コンシーラーを重ねる。

5.ハイライトを眉頭の下辺りから鼻筋に沿って入れ、頬より少し高い部分と顎の辺りにも入れる。

6.フェイスパウダーをパフで押さえるような要領でのせる。

メイクでカバーするイメージ写真

厚塗りせずナチュラルに

いかがでしたでしょうか。気になるくすみやクマを隠そうと躍起になると、ついついファンデが厚塗りになってしまうことがあります。しかし、これは逆にあなたを老けて見せてしまうことに

気になるくすみやクマは、くすみを飛ばすカラーや光をうまく味方につけて、ナチュラルにカバーしましょう。

くすみ・くまのキーワード

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメ…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる