お醤油つけ過ぎを防いでむくみ防止!! お醤油つけ過ぎを防いでむくみ防止!!

【簡単減塩レシピ】お醤油つけ過ぎを防ぐ!かわいいお寿司でむくみ防止♪

2016.01.09 女磨き/食事・栄養学
このエントリーをはてなブックマークに追加
お寿司を食べたり、お刺身を食べたりした翌日に、なぜか異様に喉が渇いたりむくんだりすることはありませんか??それは、無意識のうちにお醤油をつけ過ぎていることが原因かもしれません。(お酒の飲み過ぎももちろん原因の一つです)一口に対しては少量でも、トータルするとかなりの量になって、塩分摂りすぎになってしまうことが多いのです。

味の付いているネタを使ってかわいい洋風手まり寿司に

お寿司を食べたり、お刺身に醤油をつけすぎてしまう。そんな時、あらかじめ味の付いているネタを使ったお寿司にすれば、お醤油をつけることもないので、塩分摂り過ぎを防ぐことが出来ます。もちろん、ネタにも塩分を使いすぎないように気をつけなくてはいけませんよ。

醤油をつけるイメージ

一般的に生のお魚をネタに使うことが多いと思いますが、今回はある程度時間が経っても安心なエビ・スモークサーモン・ツナ缶・きゅうり・たくあんを使って洋風に仕上げました。

ラップで包むだけ!お弁当やホームパーティにおススメです

コロンとした見た目&カラフルな色合いがかわいい手まり寿司。一口(二口?)で食べられるところが女性には嬉しいですよね♪作り方はラップで包むだけ!お醤油をつける小皿を出す必要もなく、洗いものも少なくて済むので、お弁当やホームパーティにピッタリですよ♪

「洋風手まり寿司」のレシピを紹介します!

【材料(30個分)】
たくあん(薄切り)  6枚  
きゅうり  1本  
ツナ缶  1缶  
茹で海老  6尾  
スモークサーモン  3枚  
米  2合 
グリーンオリーブ  12個  
ブラックオリーブ  2個
白ワインビネガー(または酢)  大さじ4  
砂糖  小さじ4 
塩  少々  
マヨネーズ  小さじ1  
醤油  小さじ1/2

【作り方】
1.白ワインビネガー・砂糖・塩少々をよく混ぜ合わせ。そこに水分少なめで炊いたごはん・みじん切りにしたグリーンオリーブを入れて混ぜ合わせ冷ましておく。
2.きゅうりは種を取って薄切りにし、塩もみをする。
3.ツナ缶の油をしっかりと切ってマヨネーズ・醤油と混ぜ合わせる。
4.海老は殻をむいて半分の厚さに切る。
5.スモークサーモンは半分に切る。
6.ラップにネタを乗せ、1を乗せて丸く包む。
7.食べる直前にラップを外す(海老ににはブラックオリーブの輪切りを乗せる)。

酢飯には既に塩分のあるオリーブを入れるので、塩の量は味を見ながら調整して下さい。

ラップで包む時は“ふんわり”を心がけてください(ギュッと握るとかなり固くなってしまいます)。この他に、生ハム、パプリカやみょうがの甘酢漬け、しいたけの甘辛煮、などの具材も合いますよ。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

大学卒業後、会社員生活を経て料理家に。 現在は料理教室や料理イベントの講師、レシピ開発、フードコーディネートなどを手掛け…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる