太ももの内側に隙間をつくる!1回3分の美脚メニュー 太ももの内側に隙間をつくる!1回3分の美脚メニュー

太ももの内側に隙間をつくる!1回3分の美脚メニュー

2016.01.03 痩身/ストレッチ・エクササイズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
脚を細く長く整えるのって、難しいですよね。特に「太もも」!リンパが渋滞すればむくんでしまうし、こり固まっているとバランスが取れずに余計な脂肪や筋肉がついてしまいます。太ももに“隙間”をつくって細く長く魅せるには、筋肉をほぐして柔らかくしなやかにし、内側の筋肉を引き締めることが大切です。

「前もも」をほぐすストレッチ

まずは筋肉をほぐして、柔らかくしなやかな状態へと整えるストレッチ。

曲げた片足の上に座り、もう片方の脚は前に伸ばします。

そのままゆっくりうしろに上体を倒し、曲げた脚の上に仰向けに寝ます。前ももが伸びているのを感じながら、20秒〜30秒キープ。反対側も同様に行います。

「後ろもも」をほぐすストレッチ

今度は後ろももを。

足を開いて座り、片方だけ内側に曲げます。曲げていない方の脚に向かって上体をゆっくり倒し、後ろももが伸びているのを感じながら20秒〜30秒キープ。これも両側おこなってください。

ももの内側を引き締める筋トレ

筋肉をほぐしたら、ももの内側をキュッと引き締める筋トレを。

横になって上側にある脚を前に立てます。

そのまま、下側の脚をゆっくり上げて20〜30秒キープ。脚を伸ばすように意識しておこなうと、さらに負荷がかけられます。筋肉をしっかり使っているのを実感できるところまで持ち上げてくださいね。これも、両脚とも同じ回数おこないます。

ほぐして筋肉のはたらきを活性化させて鍛えて、キュッと引き締める。ストレッチと筋トレをセットでおこなうことで、代謝の良い状態で引き締めることが可能です。

春の薄着の季節に備えて、脚のメンテナンスも取り入れていきたいですね。筋肉は使わないと衰えてしまうので、短時間でも毎日続けることが大切ですよ。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

がっちり・むっちり体型がコンプレックスの“自信をもてない自分”から脱却するため「セルフトレーニングコーチ」として自身を輝…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる