ゆるんだ顔も引き締め、上げる!-5歳を叶えるベースメイクのコツ4つ ゆるんだ顔も引き締め、上げる!-5歳を叶えるベースメイクのコツ4つ

ゆるんだ顔も引き締め、上げる!-5歳を叶えるベースメイクのコツ4つ

2015.12.26 シワ・たるみ/メイク
このエントリーをはてなブックマークに追加
顔の印象を大きく変える「たるみ」。日頃のスキンケアやインナービューティで対策をとることがもちろん大切ですが、メイクでもフェイスラインを引き締めるなどして対策をとるのが◎。そこで、今回は-5歳を叶えるベースメイクのコツについてご紹介したいと思います。

No.1 ファンデは首の色とかけ離れていないものを選ぶ

明るく透明感のある肌はそれだけで美しく見えるもの。しかし、ファンデを選ぶ上で注意したいのが、肌のトーンより明るめの色を選ばないということ。

肌より明るめのファンデを塗ると白浮きしてしまい、不自然な印象に仕上がるだけでなく、膨張して見えることに。そのため、ファンデの色を選ぶ時には、首の色とかけ離れていないものを選びましょう

No.2 フェイスラインを引き締める

年齢を重ねるとフェイスラインのもたつきが気になるもの。そんな場合はシェーディングでフェイスラインを引き締めるのが効果的。小顔効果も期待でき、一石二鳥です。

この時注意したいのが、シェーディングを入れた部分とそうでない部分との差が出ないようにすること。また、シェーディングは自分の肌のトーンとかけ離れていないものを選ぶ、ファンデやフェイスパウダーと質感をそろえる、境目をスポンジなどで丁寧に伸ばすといったことを心がけましょう。

スポンジで伸ばすイメージ

No.3 ハイライトでリフトアップ

顔全体の印象を引き締め、リフトアップさせるためには陰影をつけることが大切。そして、ハイライトで明るさと高さを出して立体感をつくりましょう。ハイライトを入れる位置は、頬より少し高い部分、眉頭の下から鼻筋、あごの中央部分の3カ所。丁寧になじませ、境目はわからないようにぼかすこともお忘れなく。

No.4 ノンパールのフェイスパウダーで一体感をプラス

ハイライトやシェーディングを入れた後は、肌全体に一体感を出すことが大切。フェイスパウダーを顔全体になじませましょう。この時使用するフェイスパウダーですが、ハイライトの仕上がりを邪魔せず、毛穴をカバーできるものを選ぶのが◎。ノンパールで薄付き、透明感とツヤが出るタイプのものを選びましょう。

シフトアップのイメージ

いかがでしたでしょうか。メイクをする時間を配分すると、ポイントメイクに比重を置くという人が多いように思いますが、エイジングサインが気になる肌こそベースメイクにこだわることが、あなたの印象を若返らせるポイントに。

今日から丁寧なベースメイクを心がけ、気になるエイジングサインを上手にカバーされてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルなどに出演。ウェブ、雑誌等にコラムを執筆するほか、コスメ…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる