猫背、ぽっこりお腹、垂れてしまったお尻、太ももの前張りは習慣化できるストレッチで改善しましょう 猫背、ぽっこりお腹、垂れてしまったお尻、太ももの前張りは習慣化できるストレッチで改善しましょう

ゆっくり伸ばして20秒!カラダの歪みを解消する、簡単&気持ちいいストレッチ★

2015.12.18 痩身/ストレッチ・エクササイズ
このエントリーをはてなブックマークに追加
トータルボディビューティーアドバイザーのKAORIです。今回は、猫背、ぽっこりお腹、垂れ尻、太ももの前張り、むくみ、便秘・・・そして、骨盤の歪みや腰痛などに効果的な習慣化できるストレッチを、ご紹介します。

まずはやってみましょう

膝立ちになり、片足を大きく一歩前へ出します。前に出した膝を深く曲げましょう。前ももと、股関節が伸びてるのがわかると思います。足の幅を大きくするともっと伸びます。

ストレッチのイメージ

写真では、わかりやすいように手を上げてるけど、手は前の膝の上や、キツかったら手を前の足の両脇についてください。ストレッチで伸ばしたいところ、足の付け根周辺が伸びてればOK!

女性の悩み続けていることが解消されていきます

このストレッチをする事で、腸腰筋(ちょうようきん)と言う上半身と下半身を繋いでる筋肉が伸びていきます。
この筋肉が柔らかくなると、女性に嬉しい事が沢山!!

正しい姿勢を保つ骨盤を支える筋肉なので、姿勢が良くなり骨盤も正しい位置に保たれます。骨盤が正しい位置に保たれる事で、ぽっこりお腹、垂れ尻、腰痛が改善。腸腰筋は、腸の機能も左右する筋肉ですので、便秘解消へと導きます。もも前も伸びるので、ももの前張りも改善

太ももの前の筋肉はとても大きな筋肉です。筋肉が固くなると血流が悪くなり、代謝が悪なるため太りやすくなります。体の中でも大きな筋肉である前ももの筋肉を柔らかくする事で、血流を良くし、代謝を上げることができます。代謝が上がると冷えの改善やダイエットに!!

ダイエット効果のイメージ

ただ、ゆっくり伸ばすだけ

ストレッチのコツは、痛いけど気持ちがいいなと感じるところでキープです。弾みは絶対つけないでね。

キープ時間の目安は、20秒から30秒。これは、筋肉が伸びる為の必要な時間です。そして、この20秒から30秒の間に大きな深呼吸を数回してくださいね。大きな呼吸も筋肉を柔らかくする為にとても重要です。

そして、このストレッチをすると筋肉が伸びて気持ちいいとか、流れが良くなったと実感する事で、効果もあがります。何気なくやるよりも、伸びてるなぁ〜と感じてね

両方やっても、1分もかからないストレッチを習慣化させてくださいね。

この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

女性は誰でも年齢関係なくかわいくなれる。かわいいも、綺麗も、心も、土台は同じ。美を追求すると健康へとつながります。自分の…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる