その化粧水、本当にあなたのお肌にとって必要? その化粧水、本当にあなたのお肌にとって必要?

その化粧水、本当にあなたのお肌にとって必要?

2015.11.27 エイジングケア/ケア法
このエントリーをはてなブックマークに追加
はじめまして。エイジングケア化粧品技術者の大川明伸です。これから美容のこと、健康のこと、化粧品のことを科学者目線でお伝えしていきますね。第1回目は「化粧水」についてです。

知らず知らずのうちに化粧品アイテムが増えていませんか?

「綺麗なお肌になりたい!」――。あなたは、きっとそう思われて、化粧品を試してみたり、食事に気を遣われたり、エステ、ヨガに励んでみたり。日々、努力をされていることだと思います。たくさんのことに手を伸ばしおこなっていると、ときには自分自身を見失ってしまうことがあります。

お肌のシミ、シワ、くすみ・・・etc。お肌に気になることがある度に、化粧品アイテムを追加されてきませんでしたか。現在、その化粧品アイテムのすべてをご使用されているでしょうか。鏡台、洗面所がご使用されていない化粧品でいっぱいになってはいないでしょうか。化粧品を惰性でお肌に塗っているだけになっていないでしょうか。どの化粧品が、どういった効果があったのかわからなくなっていないでしょうか。

何よりも、その化粧品であなたの思い描かれていたお肌になっていますか。

化粧品アイテムのイメージ

やめてみることもスキンケア方法のひとつです

新しいことをはじめられるより、続けてきたことをやめることは勇気のいること。しかし、やめてみることで、本当に必要なことなのか、必要でなかったことなのか。楽しんで続けていたことなのか、なんとなく惰性で行っていたことなのか。やめるという行動で、改めて確認できることがたくさんあります。その中で続けたいもの、続ける必要があるものだけを続けていけばいいわけです。

そして、あなたのお肌にとって必要のない化粧品は捨ててみてください。「まだ、使えるから置いておく」ではなく、「あなたのお肌にとって必要なものだけ置いておく」ようにしていきます。

20代の肌力が100%必要かどうかは人それぞれ

「化粧水は、惜しみなくたっぶり使う」。よく耳にいたしますが、化学的にみれば根拠のある言葉ではありません。しかし、化粧品メーカーの売り上げには繋がりますね。化粧水のほとんどは、水の配合量が約90%。水以外の成分は、約10%しか含まれていないことを考えますと、化粧品アイテムの中でもっとも利益率が高いですね。

人間は、環境への適応性が高い動物です。お肌を栄養いっぱいで甘やかされると、お肌は本来の代謝機能をおこなわなくなってきます。化粧品のご使用のしすぎが、かえって肌を老化させることがあります。年齢を重ねるにともない肌機能は衰えてくるとはいえ、お肌には自浄再生能力が備わっています。自力で水分を保ち、皮脂を分泌する力です。代謝力を含め、20代をピークに肌力が衰えていくというだけで、20代の肌力が100%必要かどうかは人それぞれですから。

肌を触る女性のイメージ

肌表面から水分を与えると、お肌はふやけるだけ

お風呂でお湯に長く浸かっていても、お肌がうるおうことはないことでわかりますね。お肌がふやけていますと、肌表面の保護力が弱い状態になっています。

お風呂あがりや洗顔後の肌状態で、化粧水をすぐにご使用されず、少し時間をおいてみてください。勇気がいることかもしれませんが、お肌は皮脂の分泌をはじめます。早い人で5分、遅い人で30分くらいは、お肌が落ち着くまでかかるかもしれません。しかし、その時間はだんだんと自浄再生能力によって早くなってきます。

そして、今あなたのお肌が必要としているだけの油分。それから、水分ではなく、保湿成分を美容液などでお肌に補ってあげてください。ご使用されている化粧品アイテムの中で、まず化粧水のご使用を一度やめてみてください。皮脂が足りないからと油分量の多いクリームをご使用でしたら、まずご使用量を減らしてみてください。

お風呂上りの女性のイメージ

スキンケアをやり過ぎたことで、お肌を疲れさせている

肌本来の機能の邪魔をしてしまっている。実は、このような化粧品アイテムを足していく足し算のスキンケアをされている人も少なくありません。スキンケアはおこなえばおこなうほど、お肌が綺麗になると感じられているとすれば、それは思い込みです。

化粧水をつけると、肌がピリピリしたり、洗顔をいくらおこなっても、脂っぽくなったり、少しパッティングをするだけでお肌がすぐに赤くなったり。これらの症状は、過剰なスキンケアが原因になっていることもあります。現在、スキンケアを頑張られていても、お肌が綺麗にならない。もしそうだとすれば、今のあなたのお肌は栄養たっぷりのスキンケアを望んでいないのかもしれません。

疲れた肌の女性のイメージ

エイジングケア化粧品の目的は、肌力の向上

たくさんの化粧品をご使用され、高価な化粧品をご使用され、それでもあまり効果がご実感されていないときは、化粧品アイテムを足し算せず、ひとつずつ化粧品アイテムをやめ、引き算をしてみてください。たとえ、長年ご使用されていた化粧水、乳液、クリームであっても。おそらく、1か月もしないうちに、ご自身の肌力が回復していくことをご実感いただけると思います。

エイジングケア化粧品の目的は、肌力の向上です。化粧品でお肌を満足させることではなく、お肌が働きやすい肌環境を整えてあげること。情報だけではなく、きちんとお肌を両手で優しく包み込まれるように触れられ、お肌と対話してください。そして、あなたの肌力を信じ、あなたのお肌に本当に必要な化粧品を探していただきたいですね。

肌を触る女性のイメージ
この記事をシェアする
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美LAB.の最新情報をお届け

出典:
  • fotolia

執筆者

近畿大学の研究室ではバイオテクノロジー、植物栄養学に魅了され、京都大学木材研究所では米のタンパク質の基礎研究チームに参加…

続きを読む

★ 12星座 占いランキング ★

ラッキー星座を毎月2回、1日と16日に更新
あなたの今月前半の運勢は?ランキングをチェック!

占い一覧ページをみる